Biwaa/SWIMBASS 6″

さて、〈プロフィール〉でも述べているように、ぼくは、どんなルアーであっても否定をするつもりはない。

 

(時に批判と受けとられることはあるだろう…)

 

全てのルアーが、批評するに値する、愛すべきつりぐ」なのである。

 

 

動かなければ、それはそれで、おもしろいし、

 

つくりが粗雑であれば、そこにぬくもりを感じる。

 

どこかで見たようなルアー—パチモノ—であれば、その出自が興味深い。

 

…まぁ、そんなところである。

 

 

ところが、Biwaa『S TROUT 3.5』のように、どうにもこうにもキビシイやつはいる。

 

他のルアーと同じように愛おしいのだけれど、正直、“使えない”。

 

しかし、このままではBiwaaブランドまで誤解されかねないので、今回はフォローしたいと思う。

 

(ぼくもちょっとは気にするのだ…笑)

 

 

『スイムバス』

 

ヒラ打ちさせたときに一瞬見せるリアルさは特筆ものだ。

 

バスはなかなか騙せなくても、人は確実に騙せる。

 

ただ、通常のアクションは、この手のルアーとしてはぎこちない方だと思う。

 

それほど生っぽくない。

 

※特殊織布であることの恩恵は、はっきり言って、よく分からない。

 

 

このあたり、やっぱり、French。

 

性能よりも雰囲気だ。

 

 

とはいえ、けっこうタフな状況下でも、バスを引き出す能力はある。

 

(主に「見てるだけ」または「一緒に泳いでるだけ」だけど)

 

 

使い方のポイントは、スローシンキングであることを活かして、層を釣る—タナを探りながら釣る—こと。

 

それが、結果への近道だ。

 

 

水面直下からある程度の深さまで、安定して、“それほど生っぽくない泳ぎ”を披露…

 

「ここぞ」というときに、ズリっとヒラ打ちをさせたい。

 

 

必ずや、バスが、見にきてくれたり、一緒に泳いでくれたりすることだろう。

 

 

最近のルアー。

 

定価/3,400円+税(だからと言って売れるわけではないけれど、安いよね)

 

 

ストレスなく扱うには、当然、それなりのタックルが必要。

 

 

 

釣れ釣れ度■■□□□

ロスト度■■□□□

レア度■■□□□

「『バタルド』のような究極にどうしようもないルアーだって、“何だってありなんだな”と、手にした者に自信と勇気を与えてくれる」度■□□□□

*