madotachi/HANITAS

バイブレーションプラグも好きで、やたらと購入しては投げてきた。

 

 

そうして気づいたことがある。

 

 

アイをいくら調整しても斜めになってスーッと来るやつが、

 

今も昔もある程度、

 

どうしたって紛れ込んでくるのだ。

 

 

その姿、葉っぱの如し。

 

 

しかし、葉っぱだからといって、絶対に釣れないわけではない。

 

 

斜めになって水中をただスーッと来る葉っぱ…否、ルアーを、目の前でバスにひったくられたこともある。

 

 

だから、もう、葉っぱでいいんじゃないか!

 

 

というわけではないけれど…

 

 

マドタチ『ハニタス』

 

 

現代美術のニオイがぷんぷんする。

 

 

当然、この葉っぱは、ちゃんと泳ぐ普通のルアー。

 

 

魚を模したカラーもある中で、個人的に一番釣れそうだったから、この「ゴールデンリーフ」という葉っぱカラーを選択したのだ。

 

 

 

さらに、購入の決め手は、ギミックが搭載されていること。

 

 

男子はギミックに弱い。笑

 

 

可変ウイング—Qwing System—によって、潜行深度とアクションを変えられるわけだ。

 

 

ただ…正直、変わるは変わるけれど、必要性含め、それほどでもない。

 

 

ロッドアクションで、けっこうどうにでもなるレベル。

 

(“引き出しが多い”という意味)

 

 

2020年3月発売。

 

価格/4,480円+税

 

 

 

「小型ビッグベイト」という、なんとも煮え切らない立ち位置。笑

 

 

そういえば昔、チョウセンブナが、

 

「絶滅しそうな外来種」

 

と知ったときも、似たような気分になった。

 

 

 

大の人気商品なので、情報はそれなりに多い。

 

 

興味のある方は、方方当たってみることをお奨めする。

 

 

 

釣れ釣れ度■■□□□

ロスト度■■■□□

レア度■■■□□

「清純派セクシー女優」度■■■■□

*