STRANGE LAND/ENP

トップウォーター初心者にも優しい

“マイルドなルアー”

をリリースしていたのが「ストレンジランド」だ。

 

 

 

例えば、この『エンプ』。

 

 

購入時期は2000年頃。

価格/5,700円

 

 

 

使用感は、ペンシルとポッパーとノイジーのハイブリッドといった印象。

 

 

水面にやや引っ掛かりながらの首振りは変化に富む。

 

カップで水を抱え込み、泡と飛沫、サウンドを発しながら、お尻を振る。

 

 

使って楽しく、実釣能力にも長けているルアーだ。

 

 

しかし、「ストレンジランド」は、、

如何せん、

佇まいが鋭利だった。

 

 

 

『エンプ』の正式名称は、“エクストリーム ノイズ パフォーマー”というらしい。

 

 

ここからして…もう…⤵︎

 

 

菅野聡氏による、あまりにも濃ゆい、独特かつ強烈な世界観

 

 

…と言いたいところだが、演出がわざとらしくて、強烈にダサかった。

 

 

 

ペイントは「AKIKAZU IWAMOTO」の手によるもの。

 

 

そう、世界的に有名な…

 

 

って、、誰ですか??

 

 

イワモト アキカズさんって…

 

 

 

この絵は、

ダニとかシラミの仲間だろうか?

(痒い…)

 

 

川虫の類の可能性もある。

 

 

ひょっとして、、

いやまさか、、

「クワガタ」ってことはないだろうな?

 

 

まぁ、、なんだっていい。笑

 

 

当時は、

個性としての“雰囲気”をセルフプロデュースしているインディーズブランドが多かった。

 

それは、もう、痛々しいほどに。

 

 

そして、その多くが消えていった。

 

 

 

ルアーとしての本質を欠くため(つまり、動かない、釣れない)、

そうでもしないとユーザーに注目してもらえなかったのだろう。

 

 

 

しかし、「ストレンジランド」のルアーは、よく動いて、よく釣れる。

 

 

雰囲気を演出する必要なんて全くなかったのに。

 

 

 

釣れ釣れ度■■■□□

ロスト度■□□□□

レア度■■■■□

「単純に素で気もち悪いのかもしれない」度■■■■□

*