RIVET/ミノー 11cm

“レジェンド”といえば、絶対、このビルダーも外せない…

 

 

「リベット」の平本正博氏である。

 

 

(「開高マムシ」をはじめ「開高○○」というルアー名を耳にしたことのある方も多いのではなかろうか?)

 

 

 

平本氏は、ぼくの親父くらいの年齢であり、わが国におけるルアーフィッシング愛好家の草分け的存在だ。

 

 

とはいえ、面識もなく、ぼくにとって氏はまさに“伝説”。

 

 

実在する人物というよりも、ツチノコとかに近い存在なのである。

 

 

それでは失礼なので、ちょろっとネットで調べてみよう。。

 

 

ふむふむ、、

 

熱狂的な信者さんが大勢いらっしゃるようだな。。

 

 

やはり第一次バス釣りブームで名を馳せたようだが、どうやらメディアの使い方がうまいかなりの「やり手」。

 

“『とび出せ!つり仲間』(『釣り・ロマンを求めて』の前身)のインストラクター”というワードも出てくる。

 

 

売り込み方を知っていたのだろう。

 

こういう人って、絶対、スタイリッシュなんだよなぁ。

 

素直に憧れる。

 

 

作家開高健氏に出会い、「開高○○」というルアーを生み出す、という強運の持ち主でもある。

 

(運も実力のうち)

 

 

ちなみに、かの首藤武蔵氏も平本氏に師事したことがあるらしい。

 

 

ネットの情報でなにより興味深かったのが、

“学生時代、空手やキックボクシングなどの格闘技に目覚め、極真のトーナメントにも出場した”

という件。

 

 

勝手なイメージだが、、昔から喧嘩が強い人って手先が器用なイメージがある。笑

 

 

そうそう、、格闘技をやってた人って、必ず、それをプロフィールに載せたがるよね。

 

 

なんなんだろう。。

 

マウントをとりたいのか…。

 

(あくまでも個人的見解。氏のことではない)

 

 

「学生の頃はずっと漫画を描いていて、『少年マガジン』の新人漫画コンテストに応募した」とか、

「学生時代、合唱に目覚め、全日本合唱コンクールに出場した」とか、

そういうプロフィールはあまり目にしたことがない。。

 

 

不思議だ。

 

 

閑話休題

 

 

リベット『ミノー 11cm』

 

 

いつ頃わが家にやってきたのかは分からないけれど、とにかく、最初から、裸の状態だった。

 

 

カラーは…「ウグイ」だろうか。

 

 

古っぽい感じはするが、近年のものかもしれないし、よく分からない。

 

 

そんなこともあって、ここに記録として残す。

 

(詳しい方にご教示願いたい)

 

 

やっぱり、見た目は、別に大してリアルではない。

 

 

ただ、使ってみた感じは、ナチュラルであり、“元気印の小魚”といったところ。

 

 

同じような「マロルアー」のミノーと比較して、やや高い位置に重心を置いているような印象を受ける。

 

 

 

ちなみに、個人的に「ウグイ」という魚は好きじゃない。

 

 

「ザ・外道」みたいな魚だ。

 

 

それに、「生臭ランキング」でもかなり上位に入ってくるのでは…と思っている。

 

 

 

釣れ釣れ度■■□□□(期待を込めて)

ロスト度■■□□□

レア度■■■■□

「ビルダー界の力也」度■■□□□

*