鮎川ルアー/ミノー

“鮎川ルアー”といえば、

チビリコ事件」だ。笑

 

 

20年近く前、

私は、とあるルアーのお腹に記されたイニシャル「n.A」の謎を追い求め、

方々の釣具店へ足を延ばしていた。

 

(といっても、買い物のついでに、「チビリコクランクあるかな〜♪」と、何となく店内を見回していただけ。)

 

 

ほどなくして、「n.A」は、意外な場所から姿を現すこととなる。

 

 

ごく身近な、地元の、行きつけのルアーショップだった。

 

 

「これと同じじゃない?」

と言われ、

店主から手渡されたのが今回のミノーだ。

 

 

もちろん店主は、このルアーの素性(「チビリコ」ではないこと)をよく知っていたのだろう。

 

 

しかし、

「n.A」の謎を解き、

それが伝説の“鮎川ルアー”であることをぼくに教示してくれたのは、

他でもない、あの「武田信玄」だったのだ。

 

 

 

「パルスミノー」風に仕上げられた『エッグベリーミノー』

とでも言うべきか、

「エッグベリー」に近いシェイプの『パルスミノー』

とでも言うべきか。。

 

 

背部・腹部は張り出し、

腹面はフロントからリアにかけて全てフラット。

 

 

武田さん曰く、

「このタイプは珍しい」と。

 

 

もちろん、ぼくは即購入。

 

確か、2,000円位だった。

 

 

 

曲線美のなかにエッジを立てた独特のスタイリングは、どこか背徳感を漂わせる。

 

そこに、“妥協のない妥協で”「バスカラー(?)」をクロージング。

 

…ゾクゾクするほど格好いい。

 

 

箔と、コーティングと、真鍮のワイヤーが絡み合う部分を“肴”に、一晩中、呑んでいられる。

(ぼくは下戸だから、ペプシコーラを。)

 

 

 

昔の重鎮ビルダーは、そのときの気分や感覚でイレギュラーなものをじゃんじゃん作り、世に送り出していた。

 

—それはそれで、素晴らしいことである。

 

果たして、これも、その内の一つなのだろうか。

 

詳しい方に教えていただきたい。

 

 

 

ちなみに、投げたことはない。

 

 

とてもじゃないけれど、

もったいなくて。。

 

 

 

釣れ釣れ度ー

ロスト度ー

レア度■■■■■

「事件は会議室で起きてるんじゃない!釣具屋で起きてるんだ!」度■■■■□

*