HEDDON/POPEYE HEDD-HUNTER

10代の頃通っていた釣具屋に、

「武田さん」という、

齢五十に近いと思われる、恰幅のいい、イカツイおじさんがいた。

 

 

店員ではない。

 

 

客だ。

 

(買い物をしているところを一度も見たことはないが…)

 

 

おじさんは、いつも、

店を入って正面、

カウンターの前に、

こちら向きで座っていた。

 

 

なんでこちら向きなんだよ…⤵︎

 

 

座っているアウトドアチェアが、床几(しょうぎ)椅子にしか見えない。

 

 

そして、なぜか、一年中“うちわ”を手にしていた。

 

軍配のつもりなのだろうか。

 

 

おじさんの風貌も相まって、

釣具屋で陣を張っている戦国武将そのものだった。

 

 

 

ちなみに、おじさんの本名は“武田”ではない。

 

 

どこからどう見ても武田信玄みたいだから、

ぼくが勝手に、

「武田さん」と呼んでいたのだ。

 

 

で、武田信玄は おじさんはいつもそこにいるものだから、

敵陣突破しなければ買い物ができない…⤵︎

 

 

ぼくも頻繁にその店を訪れていたし、

否が応でも、

言葉を交わすこととなる。

 

 

お互い、バス釣り好き、ルアー好き、タックル好き、、

 

特に二人とも「5001C」を愛用していて、、

 

親子ほど年の差があるぼくらでも、同盟を結ぶ 意気投合するのに時間はかからなかった。

 

 

 

ある日、おじさんが、ぼくにひとつのルアーをプレゼントしてくれた。

 

 

「他国の大名に価値ある物を贈ることで、相手と誼(よしみ)を通じ、戦を避けたり、同盟をより強固なものにしたりする」

という意味合いからだろう。

 

 

 

ヘドン『ポップアイヘッドハンター』

 

 

ところが、、である。

 

 

数か月経ったある日、

 

「『ポップアイヘッドハンター』をどうしても返してほしい」

 

「3,000円で買い取る」

 

と言うのだ。

 

 

別にお金なんていらない。

 

 

ぼくは、すぐに、ルアーを渡した。

 

 

 

その時のおじさんの嬉しそうな姿は、今でも忘れられない。

 

 

なんでも、“とても思い入れのある”ルアーらしいのだ。

 

 

それからは、

店を訪れる度に、

(やっぱりこちら向きで座っている)武田さんは、

ポケットから『ポップアイヘッドハンター』を取り出して、

ぼくに見せながら、

「ありがとう!本当にかわいいルアーだ!」

なんてことを言うのだった。

 

 

 

ルアーとは不思議なものである。

 

 

五十のイカツイおじさんがそこまで熱くなれるのだから。。

 

 

ぼくはそれが単純に嬉しかったし、

(少し気もち悪かったが)

おじさんの姿を見ていると、

こっちまで幸せな気分になれた。

 

 

 

同時に、

(ちゃんと仕事してるのか??)

と、いつも心配になった。

 

 

『ポップアイヘッドハンター』は、元は、Rabble Rouser(ラブルルーザー)の「Baby Ashley(ベビーアシュレイ)」というルアー。

 

 

メーカー消滅後、’80年代に、ヘドン製となって生まれ変わったのだ。

 

 

ラブルルーザーといえば「Rowdy(ローディ/ラウディ)」。

 

 

そう、、通称“ダメおやじ”である。。

 

 

 

しばらくして、店が移転し、おじさんとも音信不通になってしまった。

 

 

今でも、ポケットに、『ポップアイヘッドハンター』は入っているのだろうか。

 

 

真冬なのに“うちわ”を持ち、

どこかの釣具屋で、同じように、

陣を張っていることだろう。。

 

 

お店に迷惑を掛けてはいないだろうか。

 

 

ちなみに、この『ポップアイヘッドハンター』は、数年前に中古ショップで購入したもの。

 

(もう一つ、当時、そのやり取りを見ていた店主が探してくれたものを、ぼくはどこかに持っているはず。)

 

 

 

数投しただけなので、使用感は割愛する。

 

 

 

釣れ釣れ度ー

ロスト度■■□□□

レア度■■■□□

「風林火山」度■■■■□