TACKLE HOUSE/Twinkle CHAMK

1981年

 

「Twinkle(ツインクル)」からスタートしたタックルハウス。

 

 

どうしてもトラウトのイメージがつきまとうが、

’80年代の一時期(?)、

同ラインからバス釣り用のルアーもリリースしていた。

 

 

タックルハウス『ツインクル チャンク』

 

 

タックルハウスは、その後、

ラインを「チビリコ」、「P-BOY」、「アーリーバード」、と展開し、

2000年頃までバスルアーを発売していた。

 

 

チビリコ」は、なかなかいい雰囲気だ。人気もある。

 

「P-BOY」は、味気ない(←褒め言葉)、プラ製・箔張りのプラグ。

 

「アーリーバード」は、売れ残っているのに安くない…そんな印象。

 

※独特のバスパターンと色の組み合わせが美しい。

 

 

その中でも、「ツインクル」のバスルアーは、

華奢で、別次元の品格をもっていた。

 

 

動きは、、、

 

野暮なことは聞かないでほしい。笑

 

 

類まれなオーラを放つ“ミノーの理想像”は、

バスルアー(ペンシルポッパー)に姿を変えても、

 

 

その名の通り、キラキラと輝いているのだった。

 

 

 

釣れ釣れ度■■□□□

ロスト度■□□□□

レア度■■■■□

「ベルサーチ」度■□□□□