UMCO/173-U

本ブログでも何度か触れたことがあるが、

バス釣りを始めた頃のぼくのメインスポンサーは大叔父だった。

 

 

30年以上前、ルアーと一緒にもらってきたボックスが、これ。

 

 

アムコ『173-U』

 

 

当時は、「オヤジくさい」というか、とにかく「格好悪い」と思っていて、ほとんど外に持ち出すことはなかった。

 

しかも、ふたの上に直にリールのパーツを並べてCRCを吹く始末。。

 

 

大人になって、このボックスに多少の価値があると知ったときは、さすがに落ち込んだものだ。

 

 

コルクシートを敷いたのは、せめてもの罪滅ぼし。笑

 

(ワームは一度も入れていない…というか、幸いまだ持っていなかったので、トレイは溶けずにすんだ)

 

 

1947年、ミネソタ州で創業したアムコ社。

 

ネットで調べてみたところ、創業当時の社名は「Upper Midwest MFG. CO.」だったようである。

 

 

だから、頭文字をとって「UMCO」。

 

 

どうやら、往年のバス釣り愛好家にとって、アムコのボックスは憧れの存在であったらしい。

 

アムコ社とそのボックスは、工場の移転や(同じ型番でも)細かな仕様の変更を経て、’80年代に幕を下ろすこととなる。

 

 

さて、実際の使用感について。

 

 

一部では「タックルボックス界のメルセデス」なんて呼ばれ方をされているけれど、、

メルセデスに失礼である。

 

ぐにゃぐにゃで、剛性感は0。

 

 

持ち手や留め金も、

とれるようになってるんじゃないの?

と思うくらい心許ない。

 

反面、衝撃を“いなしている”のか、確かにどこも壊れてはいない。

 

 

最下部のバケツは便利だが、

浅いトレーには、細身の、薄いルアーしか収納できない。

 

 

とはいえ、今なら、

アムコの格好よさが分かるし、

(古き良きアメリカの)雰囲気を味わうこともできる。

 

一日分の釣行には、サイズもぴったりだ。

 

 

この型番の現在の相場は、10,000円前後といったところだろうか。

 

納戸に放置していたのだが、久しぶりに引っ張り出してきて、中身を確認した。

 

 

古いものから、やや新しいものまで、混沌としているが、、

 

 

しばらくは、このボックスに入っているルアーを中心にブログに上げていきたいと思う。

 

 

どうぞお付き合いくださいませ。

 

 

 

釣れ釣れ度ー

ロスト度ー

レア度■■■■□

「ゆるふわ」度■■■■■

*