COTTON CORDELL/Ripplin’ Red-Fin

旬は初夏、だろうが、

先日、近所のデパ地下で見かけた。

 

 

もう、ソラマメ。

 

ぼくは、強めに塩して、薄皮をむかずにそのまま食べるのが好きだ。

 

 

 

コットンコーデル『リッピンレッドフィン』

 

 

ソラマメ型ルアー。

 

(ずいぶんと小さいし、アシンメトリーなので、本物のソラマメとはちょっと違うのだけれど…雰囲気がね、そっくり)

 

 

 

この個体は、’80年代のものだろう。

 

とはいえ、

『リッピンレッドフィン』は最近まで(現在も?)製造されていたようで、

珍品だけれど、それほど人気はない。

 

 

動きはものすご〜くいい。

 

 

ネットでは、ウエイクベイト的な使い方を推奨する記事が散見される。

 

その昔、ぼくも、半トップで使おうと思ったことがあった。

 

 

しかし、

泳ぎがめちゃくちゃ安定しているので、

少し潜ると、綺麗にその深度をトレースしてしまう。

 

 

結局、めんどくさいのでやめた。

 

 

うねうねしたボディは、

静止時にも、「泳いでいる」とバスに錯覚させる効果があるという…

 

嘘くさいし、そうする意味が全然分からない。

 

 

いずれにしても、さすがコーデル。

 

かなり優秀なルアーであることは間違いない。

 

 

 

釣れ釣れ度■■□□□

ロスト度■■□□□

レア度■■□□□

「むけてるか、むけてないか」度■■■□□

*