POE’S/BLURPEE 500

ポーのルアーは

ほぼ全て

「パックマン」

と形容される。

 

 

生ぬるい。

 

 

「パックマン」と呼んでいいのはこれだけだ。

 

 

ポー『ブルーピー』シリーズ

 

 

目だけじゃない。

 

 

体全体で「パックマン」している。

 

 

でなければ、ただの「木っ端」だ。

 

 

小学生が木工作をした後、その辺に転がっていそう…。

 

 

しかし、これも、ちゃんと、シダー(セダー)ウッド製。

 

 

「神社の御神木」から「割り箸」まで、、

 

日本人の生活に根ざした「杉」。

 

 

「ルアー」になっても間違いないだろう。

 

 

その証拠に、『ブルーピー500』は、実に軽快に泳ぐ。

 

 

ダーターというより、浮力・バランスは、ポッパーとかライブリーに近い。

 

 

首を振りながら、「ポコポコ」音も出せる。

 

 

強めのアクションで「ガボガボッ」やってもいいし、

 

やさしく巻けば、ちゃんとグリグリ泳ぐ。

 

 

 

「ポー」というブランド名も、

 

ルアーの見た目も、

 

なんだか間抜けで使いたくならないけれど…

 

 

本当によくできた、奥深いルアーだ。

 

 

 

釣れ釣れ度■■□□□

ロスト度■□□□□

レア度■■■□□

「ジャイアント馬場が作ったパックマン風ルアー」度■■□□□