FRED ARBOGAST/SPUTTERBUG G1835

そういえば、、

ここ何年も、

量販店にはほとんど行っていない。

 

 

だから、この手のルアーが、

現在も製造・発売されているのか…

よく分からない。

 

 

海外ブランド大手のルアーは、

「随分と前に廃番になった」

と思っていたら、

「復刻して、店頭にずらっと並んでいる」

なんてことが往々にしてある。

 

 

 

さて、フレッドアーボガストの『スパターバグ』。

 

小さい方。

 

 

3/8oz(実測値9.6g)

 

 

スパターバズ」の兄のような存在。

 

 

ボディ・ワイヤーの形状、ペラ、を変えながら長いこと粘っていたのだが、

店頭で見かけなくなって、15年ほど経つだろうか。

 

 

どうやら、完全に廃番らしい。

 

 

この個体は30年近く手元にあるが、

『スパターバグ』の歴史においては、

古くも、新しくも、ない。

 

 

古いものと新しいものは、ヒートンとの連結部のワイヤー形状が、「三角形」になっている。

 

これは「円形」だ。

 

 

通常の使い方をした場合

はっきり言って、

「スパターバズ」より使いやすいし、釣れる。

 

 

非対称ペラが生み出すバイブレーションは相当なものだが、

ペラ自体が小さいため、

ボディが負けることなく、バランスよく泳ぐ。

 

 

ペラが上げる飛沫は、ポッパーのそれに近い。

 

 

相変わらず、ぼくは、絶対に止めない。

 

 

止めないのだが、

スピードに大きく緩急をつける。

 

 

多分、これが正しい使い方。

 

 

事実、手堅い釣果を約束する。

 

 

 

釣れ釣れ度■■■□□

ロスト度■□□□□

レア度■■■■□

「正義感が強く、信念を真っ直ぐに押し通すため、仕事で損をするタイプ」度■■■■□