MIKISUKE&HONEY/ハニースタイル・ダーター

粗雑なつくりで定評のある「ミキスケ&ハニー」。

 

 

とはいえ、ビルダーの技能は徐々に向上していくわけで(笑)

一瞬、「おっ!」と思わせられた。

 

 

しかし、、見た目がきれいになると、

今度はそれと反比例するかのように、

ルアーから発せられていたビルダー中村氏の“勢い”が失われてしまい…

 

 

いろいろと残念!

 

 

そうして後年は、ご多分に漏れず、バカ高い、痛々しいブランドに成り下がってしまう。

 

 

結局、今では、プラスチック製ルアー並みの値段で、否それよりも安く、投げ売りされている。

 

 

もっとも、

粗雑で勢いがあった頃の「ミキスケ&ハニー」のルアーは、

インディーズ系ブランドの中では際立って釣れるので、

正直、、嬉しい。

 

(もう買わないけれど)

 

 

さて、今回は、『ハニースタイル・ダーター』。

 

 

一瞬、「美しい!」と思わせられるのだが、

よ〜く見ると、8,000円overとは思えない安定の低品質である。

 

 

「HONEY STYLE」は、2ozクラスでデザインされた、クラシカルシリーズ。

 

 

高級材を用いたり、イベント限定でリリースされたりと、製作数は極少量あった。

 

 

当時はそれなりに人気を博していたのだが…⤵︎

 

ウエイト/40.5g(全然2ozじゃない)

ボディ長/約120mm

 

2003年製

 

 

 

釣れ釣れ度ー

ロスト度■□□□□

レア度■■■■□

「完全にブスに近い美人」度■■■■□

*