bagley/DBO6

なんでこんなの持ってるんだシリーズ その11

 

 

『Diving Bang-O 6inch(ダイビングバングオー 6インチ)』

 

 

一度も投げたことがない。

 

 

そもそも、なぜ、ぼくの手元にあるのか、、、

全く分からない。

 

 

昔、バス釣りばっかりやってる関西人が、これを使って、たくさんバスを釣っていたのだ。

 

 

で、少し、流行った。

 

 

多分、その頃、どさくさにまぎれて、ぼくのところへやって来たのだろう。

 

 

 

真鍮のワイヤーが通っているタイプなので、古い。

 

 

 

同じようなボディ長でも、

ビッグマック」は棒状。

 

だから、シルエットは小さく、サイズを問わず、バスは喰ってくる。

 

 

そりゃ、買う。

(ぼくだけかもしれないが…)

 

 

 

しかし、『ダイビングバングオー 6インチ』は釣れるイメージが湧かない。

 

 

やはり、バグリーは美しい。。

 

 

 

琵琶湖で釣れるからって、関東じゃ、ツライ…。

 

 

投げやりな態度で投げている人しか見たことがない。

 

 

変なものばかり投げてきたぼくでも、

(変なものばかり投げてきたからこそ、)

バス釣りにおいて多少の常識はもち合わせている。

 

 

 

大きすぎてボックスにも入らないし、、

非常に迷惑な一品だ。

 

 

 

釣れ釣れ度ー

ロスト度ー

レア度■■■□□

「フロリダの大入道」度■■■□□

*