Abu Garcia/ambassadeur 5600 PRO TANABE SUPER

バス釣り大好きおじさんの中に「田辺哲男」という人物がいる。

 

 

さすがにぼくでも知っている、いわゆる「パイオニア」だ。

 

 

この田辺氏、

後輩曰く、

「とても“とっぽい”」

らしい。

 

 

なんでも、「本人も、何かのセミナーだか本だかで、自分をそう評していた」と言うのだが…、

本当だろうか?

 

 

 

フィッシング・スタイルも、

風貌も、、

つまるところ、田辺氏の生き様が、

“とっぽい”ということだろう。

 

 

 

(実際、何度か見かけたことがあるが、「プロフェッショナル」だと思ったし、感じのよい人物であった。)

 

 

 

さて、その後輩がさらに言うには、

田辺氏の“とっぽい”フィッシング・スタイルが、

「ぼくらの目指している釣りに通ずるところがある」

というのだ。

 

 

 

そして、後輩は、

「アブから、シグネチャー・モデルが発売されている」

という情報をも、持ってきたのである。

 

 

 

(さぞかし“とっぽい”リールなのだろう)

と思ったのだが、、

案の定、見慣れない金色のリールが、近所の釣具店のショーケースに鎮座していた。

 

 

というか、「ただの売れ残り」で、

定価41,000円が、値下げに次ぐ値下げで、6,000円程。

 

 

(ぼくも、この『5600 プロタナベスーパー』を手にして、“とっぽく”なろう)

と考え、すぐに購入したのは、言うまでもない。

 

本当は安かったから買っただけ…笑

 

 

 

もう、20年も前の話である。

 

 

 

結局、、

買ったはいいが、

右ハンドルだし、

性能も、まぁ、その頃のアブだし、、

ほとんど使うことはなかった。

 

 

 

そう。。

 

ぼくは、“とっぽく”なることができなかったのである…。

 

 

 

ちなみに、この頃のAbuは、ちゃんとスウェーデン製で、輸入元が「マミヤ・オーピー」。

発売元が「オリムピック」。

 

 

 

ところで、、

 

“とっぽい”って、、

 

何??

 

 

 

釣れ釣れ度ー

ロスト度ー

レア度■■■□□

「『トッポ・ジージョ』っぽい」度■■□□□