HEDDON/BIG BUD

もはや説明不要の超有名プラグ。

だから説明はしません(笑)。

 

普通のバドワイザーシールのかなり古いものも持っていたと思うのだけれど、とりあえず、この3つはタックルボックスに入っていた。

(ここにはないけれど、銀ピカのが好きで、よく釣った。もちろんチューンは必須だけど。)

 

 

ぼくが釣りを始めた頃は、もちろん、普通にクランク的な使い方しか知らず、無理やり潜らせていた。

 

ちなみに、ぼくを含め、周りの少年たちの所有率はけっこう高かった。

そりゃ、存在感あるからボックスに入れておきたくなるし、よくある「兄ちゃんの友だちがこれでデカイの釣ったんだよ!」ってな感じの噂もちょこちょこ入ってくるし…。

 

そして、あの騒々しさと水を攪拌する感覚は、幼心ながら“何かある!”ことを予測させた。

 

そんなわけで、ぼくらの中では、“お笑いルアー”なんてふうに捉えている人は誰もいなかった。

 

 

結局、例の爆発的なヒットがあって、本家からもサイズ違いが出ちゃうくらい、ビッグバドの後追いルアーがたくさん出ている。

 

でも、そのほとんどがオマージュと呼ぶには程遠いもの。

ぼくなんかは、パチのほうがまだマシ、って思ちゃうくらい。

 

後発のバド型ルアーで、オリジナルよりも釣れるのはふたつしか知らない(ひとつは自分で改造したもの)。

※ぜひ、「これはいいよ!」というものがあったら教えてくださいね!

 

しかし…、これまた、なんでこのカラーを買ったのか…。

ダルメシアン?色なんて、見てると切なくなってくる…。

 

まぁ、改造するから関係ないか。

黒は夜釣り用にしようっと。

 

あっ、ちなみに私、夜はマットな黒とマットな白を多用します。

 

釣れ釣れ度■■■□□

ロスト度■□□□□

レア度■□□□□

「夜釣りはウシガエルにビビる」度■■■■■