REBEL/POP R(P60)•TEENY POP R(P50)

世界で最も有名なポッパー。

 

 

『ポップR』は、

1986年、ゼル・ローランドがトーナメントを制したときのウイニングルアーであったことから、

その後、一躍脚光を浴びるようになる。

 

 

(ぼくはやったことがないけれど)チューニング法も、簡単なものから、かなり本格的なものまで、広く知られている。

 

 

サイズはP50、P60、P65、P70(80mm!)の4展開。

 


昨今、大きいサイズが人気みたいなのだけれど、ぼくがよく使ってきたのはスタンダードなP60(約7g)。

 

 

 

ネットでも評されているように、

・ポップ音を出すことができて、

・スプラッシュを上げることができて、

・チャガーにもなる。

 

 

 

よくよく見てみると、エッジの効いた深いカップは他にはない形状かも。

 

 

首なんか振らなくたっていい。

 

 

まあまあ釣れる。

 

 

さすが『ポップR』だ。

 

 

 

 

でも、ぼくがポッパーに求めるものは、どれも違う。

 

 

 

万能選手なのだけれど、逆に特化したものがない。

 

 

だから、使わなくなっちゃった。

 

 

ちなみに、「クラシックポップR」と「プロポップR」はフックが違うだけだと思う(エクスキャリバーフックは、意味が分からなくて、嫌い…笑)。

 

 

少なくとも動きは同じ。

 

 

内部構造とかも多分、全く一緒。

 

 

 

釣れ釣れ度■■□□□

ロスト度■□□□□

レア度■□□□□

「ザ・普通」度■■■■□

*