CHASEBAITS/THE SMUGGLER 65

それにしても『The Smuggler(スマグラー)』なんて…

 

なんつールアー名をつけるんだか。

 

 

「運び屋の伝書鳩」的な意味合いを持たせたかったのだろうか。

 

 

それとも、ときどきニュースになる「インコの密輸」的な…

 

それくらいリアルですよ!

 

と。

 

 

とはいえ“Smuggler”って響き、あんまりきれいじゃないよなぁ。

 

 

日本人的な感覚なのかな?

 

 

ひょっとしたらアッチでは、ちょっとワルっぽくて格好よかったり、おしゃれだったりするのかもしれない。。

 

 

 

さてさて、、前回のスズメが普通サイズのスズメ—親鳥—なら、こっちは雛鳥だ。

 

 

チェイスベイツ『スマグラー 65』

 

 

ぼくがメーカー側の人間だったら、カタログやパケ裏面には、

 

“インコの水浴びサウンド、アクション、を完全再現。究極のリアルベイト”


“バスは、若いインコが水浴びしているところを容赦なく襲う”


などと、

 

適当なことをさもありげに記すことだろう。

 

 

“バス釣りあるある”だ。

 

 

よし!

 

ルアー名も『The Mule』にしよう!

 

そのほうがスッキリしていて格好いい。

 

 

 

…このルアーは水面よりも机上がお似合いなのだ。

 

 

よって、こういう楽しみ方が一番いい。笑

 

ウエイト/17.0g

ボディ長/70mm

実勢価格/1,800〜3,000円

 

 

 

で、雛鳥サイズも買っちゃってる理由なんだけど、、

 

単純に、

 

「小さいほうが釣れるだろう…」

 

と。

 

 

これはダサい…。

 

 

(でもさ、毛の薄い雛鳥だったら、丸のみしたとしてもちゃんと消化できそうじゃない?)

 

 

そしてやっぱり、馴染み深い、スズメカラーを選んじゃってるという。

 

 

端から大して釣る気もないルアーなのに、守りに入っている。。

 

 

所詮ぼくは弱い人間なんです。笑

 

 

鳥だけにチキン…失礼

 

 

 

そうだ!

 

肝心なことを言い忘れていた。

 

 

ミニチュア的な美しさはあるのだけれど、

 

ダウンサイジングして動きが悪くなったルアーの典型。

 

 

 

釣れ釣れ度■□□□□

ロスト度■□□□□

レア度■■■□□

「そういうところだぞ!」度■■□□□

*