HEDDON/LUCKY 13

最近買ったものではないが、釣具屋で普通にぶら下がっていた、いわゆる現行品。

 

 

『ラッキー13』というバスルアーは、本当に格好いい。

 

 

しかしながら、どうにも使い方が分からない。

 

 

ぼくには難しくて、使いこなせないのだ。

 

 

そんなわけで、好きなわりに、持っていない。

 

 

以前、とある釣具屋のスタッフが、

 

この個体を指して、

 

「プラドコの最も塗りがひどかった時期のもの」

 

と言っていた。

 

 

「ひどいか、ひどくないか」

 

…ぼくにはとんと分からないが。

 

 

要は、

 

“昔は違う作風だった”

 

ということであろう。

 

 

確かに、

 

ぼくのように(へドンのルアーについて)見識がない人間にとって、

 

カラーチャートを参照しても、

 

本カラーが「14KCD」であると判別することは困難であった。

 

 

時期、年代、によって、それくらい作風が違うのである。

 

 

愛好家曰く、

 

往年のクラフツマンによる塗りは、

 

「ずっと繊細で、美しい」

 

らしい。

 

 

だからといって、

 

やっぱりぼくには、

 

どちらが、どんなふうに、

 

「ひどいか、ひどくないか」

 

が分からない。。

 

 

(まぁ…正直このステンシルに関しては極めてひどいと思うが…笑)

 

 

そういう愛好家の楽しみ方をもちろん否定はしない。

 

 

ただ、、ぼくにとってはどれも、ルアーの表情であり、味なのである。

 

 

 

釣れ釣れ度■■□□□

ロスト度■□□□□

レア度■■□□□

「包容力」度■■■□□

*