「事実は小説よりも奇なり」RYOBI/Entertainer Floating

受け取り方は人それぞれであろうが、

 

使用感にしても、

 

出来事、体験、にしても、

 

嘘は書かないようにしている。

 

 

今回の話は、

 

“最も嘘っぽい”

 

本当の話である。

 

 

 

10代の頃。

 

 

釣行の際、イチロックとたまたま入ったひなびた釣具店。

 

 

欲しいものは全くなかったのだが、おばあちゃんが一人で店番をしていて、、

 

 

なんだか、申し訳ないような居た堪れないような、、そんな気もちになり、

 

結局、しかたなく購入したのが、店の隅でほこりをかぶっていた、このリョービ『エンタテナー(エンターテイナー)』であった。

 

 

まっ、ここまでは、いい。

 

 

よくある話だ。

 

 

 

それから間もなくして、千葉県某所の用水池で投げてみたのである。

 

 

ところが、これがまぁ、とにかく、泳がない。

 

 

ごく稀にピロピロ…っとするだけで、

 

シンキングのジョイントモデルよりは“気もちマシ”か?

 

というレベル。

 

 

いずれにせよ、全く使えないシロモノであったのだ。

 

 

当然、釣れる“気配もない”。

 

 

数投だけして、

 

「もういいや」

 

「投げるのをやめよう」

 

と思った矢先、レジ袋が引っ掛かってくる始末。

 

 

しかし、ここにきて、エンターテナーは、ついにその本領を発揮したのだ。

 

 

引っ掛かってきたレジ袋は、パラシュート状に水を孕み、重いのなんの…

 

やっとのことで引き寄せ、(ロッドでもち上げることもできないので)かがみ込んで取り除こうとすると、、

 

レジ袋の中にいたのである。

 

 

小さなバスが1匹。

 

 

元気に泳いでいた。

 

 

 

釣れ釣れ度□□□□□

ロスト度■■□□□

レア度■■■□□

「家が勝手に移動」度■□□□□

*