SMITH/IRON BUZZ

「アイアン横山」こと、横山鉄夫氏の設計によるバズベイト。

 

 

出会いは幼少期なのだが、これらは比較的最近のもの。

 

 

スミス『アイアンバズ』

 

 

当時、「アイアン横山」の名を冠した製品・製品広告には、よく、氏の似顔絵かわいいイラストで添えられていた。

 

 

横山鉄夫氏は、日本のバストーナメント黎明期から活躍してきたバス釣り愛好家の一人である。

 

 

とはいえ、まだ幼かったぼくにはそんなことを知る由もなく、

ましてや会いに行けるような手段と思考も持ちあわせておらず、、

 

 

勝手に、

横山鉄夫氏を、

「Stylishで愛くるしいお兄さん」(例えるなら、NHKの子ども向け番組に登場する「うたのおにいさん」に近い)

であると信じて疑わなかったのだ。

 

 

それから幾つもの年月が流れ、かわいいイラストのことなど忘れかけていた頃、

図らずも、実際に横山鉄夫氏を目にする機会が訪れた。

 

 

…「ドン」だと思った。

 

 

貫禄があるというか、怖いというか。

 

 

「Stylishで愛くるしいお兄さん」

は、どこからどう見ても、

「Portlyでいかついおじさん」

だったのだ。

 

 

(ものづくりが好きなぼくは、変わらず、氏をリスペクトしていますから!はい)

 

このヘッド形状も当時は革新的であったと記憶している。

 

 

それにしても、いくら若い頃だったとはいえ、さすがにあのイラストは…

 

 

「見事に騙された」という話。

 

 

 

資料

(北越正治,『タックルボックス No.147』,1994)

 

 

「ハトバズ」の方が釣れる 好き。

 

 

 

釣れ釣れ度■■□□□

ロスト度■□□□□

レア度■■□□□

「選挙ポスターの修正も詐欺に近い」度■■■■□

*