Wanderer/CYMBAL

風来堂…

 

 

新宿店が閉まったのが’05年のことだったか?

 

 

品川店が閉店してからも、ちょうど、10年くらいになるだろう。

 

 

晩年は商売をしている雰囲気もなかったが、居心地のいい、大好きな店だった。

 

 

そんな風来堂が“最後っ屁”的にリリースしていたのが「ワンダラー」。

 

 

さすが風来堂のプライベートブランドだけあって、どれもまあまあよく動くし、釣れないということもなかった。

 

 

いくつか持っていたはずなのだが…

(メタルリップが付いたライブリータイプがあって、それがよく釣れた)

今、手元に残っているのは多分これだけ。

 

 

ワンダラー『シンバル』

 

定価は大体5,000円。

 

 

仕上げのクオリティは及第点といったところだが、アクションは普通にいい。

 

多芸多才なダブルスイッシャーだ。

 

ウエイト/24.0g

 

 

基本的には、フロント荷重で、水を押し、はね飛ばす。

 

 

最たる特徴は、やはり、(おそらくネーミングの由来となっている)アッパーチンガードだろう。

 

 

これだけでも、数時間は愛でていられる。

 

 

ただ巻きよりも、ルアーをある程度暴れさせた方が、美しい摩擦音を期待できる。

 

 

ブームの終焉を象徴するかのようなルアーではあるが、

ぼくは、風来堂の思い出とともに、未だ一軍ボックス(100均のタッパー)に入れている。

 

なぜなら、この『シンバル』こそが、「ワンダラー」のエースであったのだ。

 

 

あの頃の輝きを、もう一度、取り戻してほしい。

 

 

(ちなみに、人気は全くない。そのため、プレミアが付いているようなこともなく、現在の相場は1,000〜3,000円ってところだろう。)

 

 

 

釣れ釣れ度■■□□□

ロスト度■□□□□

レア度■■■□□

「松坂世代」度■■■□□

*