BOMBER/B24A Deep Long ″A″

好きな人は好き

 

 

知ってる人は知っている

 

 

そんな、あまり一般的ではない、『ディープロングA(B24A)』というルアーがある。

 

 

よく釣れる…否、クローム系カラーは“本当に”よく釣れる。

 

 

ヒートンモデルだが、購入したのは’90年代。

 

 

水深2mほどのエリアで、できるだけゆっくり、底をたたいてくるといい。

 

 

(個人的なイメージとしてはパドルテールのズル引きに近い)

 

 

シルエットの細さは大きなアドバンテージだ。

 

 

もちろんもっと深く潜らせてやることも可能だが、このくらいにしておかないとイメージできないし、バランスも危うい。

 

 

本個体、ルアー、に限らず、

「リップに色がついているプラグは嫌だ」

と言う知人がいるが、そもそも透明のリップだって、水中ではかなりのアピールをしている。

 

 

それに、“ルアーとしての格好よさ”という点においても、アメリカンというか、ルアー然としていて、いいと思う。

 

 

もっとも、クローム系カラーはボーン素材なので、わずかでも製造工程を簡略化した結果として、リップにも色がついたのだろう。

 

 

買い手や使い手のことなど考えないアメリカンスタイル。。笑

 

 

でもね、そういう合理的かついい加減なルアーって、なぜか、抜きん出て釣れるような気がするんだよなぁ。

 

 

 

釣れ釣れ度■■■□□

ロスト度■■■□□

レア度■■□□□

「アメリカって荷物とか平気で投げるしね」度■■■■□

*