Heddon/Pro Autograph Torpedo

他人に教えたくないくらいよく釣れる「ベビートーピード」

 

 

そんなわけで何本も所有しているのだけれど、

シグネチャーというか、

男心をくすぐる特別仕様モデルが存在しているのだ。

 

 

ヘドン『プロオートグラフトーピード』

 

通称『ラトリントーピード』

 

 

これも、もう、20年くらいは前のルアーになるのかなぁ。

 

 

格好よく言うと、ヘドンワークスによるフルチューン。

 

 

分かりやすく言うと、デニー・ブラウワーと「ベビートーピード」の関係性は、ミハエル・シューマッハと「フェラーリF2001」みたいなもの。

 

 

正確に言うと、

「とりあえずいろいろいじっとけ!」(デニー)

みたいな感じ。

 

 

 

じゃ、どこが違うのか?

 

 

まず、反射板(反射シート)入り。

 

見た目以上に、パフォーマンスがアップしている(と思う)。

 

ぼくは「ベビートーピード」の中にオーロラシートを入れる改造をしていたほどである。

 

キラキラは文句なしに効く(と思う)。

 

 

次に、ペラがカリペラ。

 

「ダイリツのマグナムトーピード」と同じペラ。

 

ちょっと捻ってやれば、回転は良好。

 

このペラとラトルの重さによって、浮き角は、かなり立ち気味になっている。

 

それゆえ、ピンスポットで艶かしい。

 

 

そして、サイドのネーム。

 

釣果には一切関係ないけれど、めちゃくちゃ重要。

 

だって、スタイリッシュになるのだから。

 

 

さらに、エクスキャリバーフックを装備…これは別にどうでもいい。

 

 

最後に、ラトルイン。

 

「カラン…コロン…」という感じ。

 

騒々しくないところがgood。

 

ただ、ときどき、どこかにハマってしまうようで、うんともすんとも言わなくなる。

 

そんなときは、手で激しく振って元に戻すしかない。

 

 

…と、まぁ、いろいろと、かなり派手に手が加えられているのである。

 

 

 

少しだけ触れたが、多分、ピンスポットスペシャルなのだと思う。

 

 

それはそれで、ものすごく釣れる。

 

 

でも、連続的に「ジョロリ、ジョロリ…ジョロッ…ジョロリ」とやるのは苦手。

 

 

「チョロリ…」として終わりだ。

 

(次の瞬間にバスは釣れているのだが)

 

 

「ベビートーピード」は、けっこうな距離からもバスを引っ張ってきてくれるルアーだと思っているので、逆に、使い難い。

 

 

 

釣れ釣れ度■■■■□

ロスト度■□□□□

レア度■■■□□

「頻尿」度■■■■□

*