BILL LEWIS/Rat-L-Trap

『ラトルトラップ』が好きだ。

 

 

“道具”として。

 

 

これまでに出逢った全てのルアーの中で、“魚を釣る道具”という位置づけでは、5本の指に入る。

 

 

そんなわけで、一生…とは言わないまでも、2〜3年は『ラトルトラップ』だけで釣りをしても困らないだけの量をストックしている。

 

 

なにより、昨今の「釣れない」と言われるバスフィールドにおいても(少なくとも利根川水系では)、普通に釣れる。

 

 

状況によってはソフトルアーなんかよりもずっと強い。

 

 

 

そんな『ラトルトラップ』の持ち味といえば、ガチャガチャにでも入っていそうな、玩具っぽい雰囲気である。

 

 

ところが、20年近く前のこと。

 

 

『Rod and Reel 特別編集 実績バスルアーOVER1000』(小林孝延,2001,地球丸)を読んでいたぼくは、思わず、

「んっ?!」

と声に出してしまった。

 

 

そこには、見たことのないヘンテコな『ラトルトラップ』が、『ラトルトラップ』として、紹介されていたのだ。

 

 

“『ラトルトラップ』好き”としては、もう、居ても立っても居られないわけで、、

 

すぐに探して、

 

 

今はなき近所の釣具店で購入した

 

…という思い出の一品。

 

 

ただ、、

バス釣りをめちゃくちゃ適当にやっていた時期なので、

(今はその反動で、逆に、すごい・笑)

ビル・ルイスのどのようなラインの製品なのかは全く覚えていない。

 

 

ガワも捨ててしまったようだ⤵︎

 

 

(個人的に、このモールドは、後の「バイブラトラップ」につながるんじゃないか…と睨んでいる)

 

 

 

ちなみに、『ラトルトラップ』っぽくないので、ほとんど投げたことがない。

 

 

どうせ、ものすごく釣れるのだろうけれど。

 

 

 

釣れ釣れ度ー(■■■■□かも?)

ロスト度■■■■□

レア度■■■□□

「アウトサイダー」度■□□□□

*