POE’S/RC-1

アメリカに、

“バスの気もちになるため”

一年中、

“上半身裸で釣りをしている”バスプロがいるという…

 

 

その名は、リック・クラン。

 

 

20数年前、

この話を聞いたときの“ぼくの気もち”は、

「バカじゃねーの」が1割、

「なんて素晴らしいんだ」が9割、

という感じだった。

 

 

その頃、身近にも、上半身裸で釣りをしている友人がいた…

 

(素肌にライフジャケットは着用しているものの)

 

その名は、イチロック

 

 

しかし、イチロックは、別に、バスの気もちになりたかったわけではない。

 

「ベトナム戦争時の米兵」を意識していたのである。

 

 

ぼくも負けてはいられない。

 

 

早速、極寒の2月、

某湖での陸っぱりにおいて、

“上半身裸”を導入した。。

 

 

とりあえず、、寒い。

 

というか、、痛い。

 

 

気合いで耐えるのみ。

 

 

しかし、痛いのは、寒さのせいだけではなかった。

 

明るくなって気づいた。

 

田舎だと思ってなめていたのだが、

すぐ上の道が、地元の高校の「通学路」だったのだ。

 

 

男子高校生の「バカじゃねーの」的な罵声が聞こえてくる…

 

 

女子高校生の「きもっ!」に心が折れそうになる…

 

 

もう、釣りどころではない。

 

通学路の方が気になってしかたない。

 

 

そのうち、“見て見ぬ振りをされる”のが最もツライことに気づく。

 

“汚いものを見るような目”を

一瞬こちらに向け、

猛ダッシュで走り去っていく。

 

ぼくを「関わってはいけない人」だと認識していることは、明らかだった。

 

(逆の立場だったら、確かに、ぼくも、関わりたくない…笑)

 

このままでは警察に通報されそうだ。。

 

 

しかし、ぼくの気合いが、バカな高校生どもに勝った。

 

 

どうやら登校時間は過ぎたようだ。

 

今頃、教室では、ぼくのことが些か話題になっているだろう。

 

どうせ笑いものだ。

 

でも、全然気にしない。

 

 

何しろ、ぼくは、リック・クランなのだから。

 

 

そう思うと釣りにも集中できるようになってきた。。

 

 

…のも束の間、

 

寒さのあまり意識が朦朧としてくる。

 

 

手の感覚なんて、とうの昔に麻痺した。

 

キャストもままならない。

 

 

そのうち、なんだか、眠くて、気もちがよくなってきた。

 

「あー、こうやって、人って凍死するんだなぁ」

なんてことが頭をよぎる。

 

 

そのうち、日が高くなり、付近には、頓に人が増えてきた。

 

さすがに、恥ずかしい…というか、ぼくも多少の一般常識はもち合わせている。

 

ここで「納竿」という決断を下し、無事に生き存えることができたのだった。

 

 

帰りの車中、

自身を登山家になぞらえ、

撤退した勇気と決断力に一人酔いしれる変態がいた。

 

 

そして、何より、“バスの気もち”が痛いほどよく分かった。

 

冬は釣れないわけである…。

 

 

 

さて、粗雑な作りで定評のある「ポー」。

 

 

別にバカにしていない。

 

魚を釣るという本質においては、ルアーが精巧であろうが、粗雑であろうが、、どうでもいい。

 

 

しかし、「ポー」は、品質だけにとどまらず、釣れ方も粗雑なのだ。

 

 

その中にあって、唯一、投げた途端に釣れたのがこのルアー。

 

 

ポー『RC-1』

 

 

“RC”…そう、、上半身裸の「Rick Clunn」である。

 

 

ぎりぎり目視できる深度で、ひったくるようなバイトを期待したい。

 

 

「RC」シリーズも、ご多分にもれず、新旧によるアクションの違いがあるという。

 

旧がタイト、新がワイド、、らしい。

 

この個体は、

「パタパタ」と「グワングワン」の中間

といった印象なのだが…

 

何しろ比べようがないので、よく分からない。

 

それに、元来、「ポー」は個体差が激しい。

 

 

いずれにせよ、釣れるので、どうでもいい。

 

 

 

釣れ釣れ度■■■□□

ロスト度■■□□□

レア度■■□□□

「冬季禁漁」度■■■■■