REBEL/LITTLE suspend R

カエルを模したルアーは、実にキャラクターに富んでいる。

 

 

例えば、単純に、リアルな造形を追ったもの。

 

鳴くものまである。

 

 

他にも、カエルの動きを再現しようとしたもの。

 

 

はたまた、カラーリングを追求したもの。

 

 

さらに、どこからどう見てもカエルではないのに、カエルだと言い張っているもの。

 

 

…などなど。

 

 

その中にあって、今回のレーベル『リトルサスペンドR』は、

カエルの質感皮膚感)の再現に最も重きをおいたのだろう。

 

 

多分、絶対、そうだと思う。

 

 

「カエル柄がプリントされているから」では、決してない。

 

 

パール練りのボディ素材、

コーティングのムラ、

経年劣化による黄ばみ、、

 

 

見れば見るほど、触れば触るほど、カエルのお腹にそっくり。

 

 

そういう意味では、「ウィーフロッグ」よりも、ずっとカエルだ。

 

 

カエル好きの方なら、

プリントがカエル柄でなくても

触れた瞬間

「あっ、カエルっぽい」

と思うに違いない。

 

 

いずれにしても、ルアーに生命感をもたせたことは、評価に値する。

 

 

 

ちなみに、、

『リトルサスペンドR』(「サスペンドR」)は、“サスペンドクランクの祖”という歴史的なルアーである。

 

 

デビューは’70年代。

 

 

ネット上でも、

なんだか、、とにかく、、“すごい”

みたいなことをみんなが書いている。

 

 

しかし、ぼくは、

全くもって、

このルアーのすごさを味わったことがない。

 

 

絶対、大したことないと思う。

 

 

 

釣れ釣れ度■■□□□

ロスト度■■■□□

レア度■■■□□

「肛門にストローをさして膨らませる」度■■■□□

*