フォレスト/WILDHEARTS-Ⅱ

 

フォレスト『ワイルドハーツⅡ』

 

 

’80年代のかなりマイナーなルアー。

 

 

そして、マイナーなのだけれど、一部に熱狂的なファンをもつ。

 

 

なにしろ、

外注で頼まれて作っていたのが

「ZEAL」なのだから。

 

 

 

製作者(デザイナー)は、胤森直義氏。

 

現在は、広島市の「N’s Craft」というメーカーで、ルアーの製作・販売、情報の発信を行なっている。

 

 

「胤森(たねもり)さん」という珍しい姓なので、『TACKLE BOX』誌を読んでいた人はピンとくるだろう。

 

 

そう、

『TACKLE BOX』誌のライター、、

チーム・コブラ「地ムグリのタネやん」その人である。

 

 

チーム・コブラといえば、

ZEALの柏木氏とmegabassの伊東氏がタッグを組んでいた

伝説の企画。笑

 

 

 

これはぼくの想像なのだけれど、、

 

胤森氏は、

バス釣りの理論はもっている。

しかし、当時、(商品化できるような)ルアー作りのノウハウはもっていなかった。。

 

 

そこで、胤森氏は、親しい間柄であった柏木氏(ズイール)にルアーの製作を頼んだのだろう。

 

「アイディアを具現化してほしい」と。

 

 

機会があれば、直接、氏にご教示いただきたい。

 

 

シンプルなフォルムに古典的なカラーリングは、一種独特な雰囲気を醸す。

 

 

ショップでも、ルアーの方からぼくの視界に入ってきたくらいだ。

 

 

シンプルで美しく、全体として調和がとれているので、フックを交換する気にもなれなかった。

 

 

しかし、シンプルであるからこそ、アクションは明確なものになる。

 

 

縦浮き。

 

 

ドッグウォーク、スライド、ダイブ、、

それに付随したサウンド、スプラッシュ、水ヨレ、、

どれもエッジが効いている。

 

 

 

釣れ釣れ度■□□□□

ロスト度■□□□□

レア度■■■■□

「青大将のユキ・毒マムシのシゲ」度■■□□□