COOL/サイドワインダー(スモールバージョン)

昨年末、髪を切っていたときのこと。

 

 

ふたつ隣に座っていたお兄さんが、やたら、「輩(やから)」という単語を発するのだ。

 

 

カットについて美容師が軽く冗談を言うと、

「やめてくださいよ!輩になっちゃいますよ!笑」

 

 

セットしてもらっているときも、

「いやいや!輩になっちゃうじゃないですか!笑」

 

 

と、こんな調子で、愉快にやっている。

 

 

うるさい。

 

 

 

そもそも、「輩」とは一体何なのか?

 

 

美容師とお兄さんの会話から察するに、

おそらくは、

「オシャレなチンピラ」

みたいなものなのだろう。

 

 

 

それにしてもうるさい。

 

 

どんなやつだろうと横目で確認すると、

色黒で、

パッツパツの白パンツを履いた、

金髪の刈り上げパーマ…

 

 

 

あなたこそ「輩」なんですけど…。

 

 

 

これが今回のルアーにつながる。

 

 

『サイドワインダー』

 

 

ブランドは大好きな「クール」

 

 

ネームもそうだが、

このカラー、このパターン、、

まさに「輩」風である。

 

 

ゴールドのリグもいかつい

 

 

 

おもしろいルアーで、

ウッド製なのだけれど、

ミミズの鉢巻みたいな部分が金属の筒になっていて、そこにラトルが封入されている。

 

 

そう、「サイドワインダー=ヨコバイガラガラヘビ」である。

 

 

ひとまわり大きいモデルもあるが、このスモールバージョンのみ、ラトルの素材やサイズにさまざまなバリエーションが用意されていたらしい。

 

 

ただ、この個体は、それほどラトル音が響かない。

 

 

で、釣れるわけでもない。

 

 

ちなみに、動きもあまりよくない。

 

 

 

いずれにせよ、かなり手間のかかったつくり。

 

それでいて、価格も3,500円〜。

 

 

いい時代だった。

 

 

持論だが、釣りはお金が掛かるので、意外と釣り人に「輩」みたいなのは少ない。

 

 

見た目は「輩」でも、その実、紳士だったりする。

 

 

とはいえ、「輩」よりタチの悪い人は結構いるので、注意したい。

 

 

 

さて、冒頭のお兄さん。

 

仕上げに髪の毛にオイルを塗ってもらいながら、

美容師に「GACKTみたいじゃん」と言われ、

「ちょっと!あんな輩と一緒にしないでくださいよ!ぼく、天パなんですから!笑」

と、最後まで愉快にやっていた。

 

 

…しかし、未だ、どうしても解せないことがある。

 

 

はたして、GACKTは「輩」にカテゴライズされるのだろうか?

 

 

 

釣れ釣れ度■□□□□

ロスト度■□□□□

レア度■■■□□

「そして、天パだと『輩』じゃないのだろうか?」度■□□□□

*