スミス Hutley’s/ベイシング・スパロー

「上手いなぁ」

と思う友人や後輩はけっこういる。

 

でも、“釣りの師”と呼べるような人は少ない。

 

 

たまに登場するH氏は、そんな数少ない“師”のひとりだ。

 

実際の釣りというよりは、ルアーに関する氏の知識や考え方に、ぼくは大きな影響を受けてきた。

 

 

そんなH氏から譲り受けたルアーはいくつもあるのだが、

今回は「ハトリーズ」を記しておきたい。

 

 

もうずい分と前のことだが、

珍しく(笑)、

「どれもよく釣れるよ」

と言って手渡してくれた。

 

 

 

ひとつめは、『ベイシング・スパロー』。

 

 

プラ製のハトリーズの中では、好きな方で、他にも所有している。

 

 

流れる水のような曲線が、実に日本的で、美しい。

 

 

しかし、実際に使ってみると、

そんなボディラインやペラの穴も、

どこがどういうふうに効果的なんだか、

よく分からない。

 

 

ただ超普通のダブル・スイッシャーで、よく釣れる。

 

 

基本設計が秀でているのだろう。

 

 

’90年代初めのルアー。

 

確かに頭がスズメっぽくてかわいい。

 

 

 

釣れ釣れ度■■□□□

ロスト度■■□□□

レア度■■□□□

「東京ヤクルトスパローズ」度□□□□□