STORM/FATSO 3/8oz

第一次バス釣りブームには多くの釣り人を集めたA沼。

 

 

’90年代以降はメディアで取り上げられることもなくなったが、

A沼は今でも、個人的に、50upが狙いやすい釣り場である。

 

 

ボロボロの『ファッツオー』。これを見るたびに思い出す。

 

 

25年以上前の話。

 

A沼で陸っぱりをする場合、(よく釣れる)ポイントはかなり限られていた。

 

 

そこで、

プレッシャーの少ないポイントに入るため、

道なき道を藪漕ぎして水際に出る…

ということを当時はよくしていた。

 

 

そうやって見つけた、あるポイントがあった。

 

 

岸からかなり離れた場所に大きな捨て石が相当数沈められていて、

それらが葦と絡んでハニースポットをつくり出していたのだ。

 

 

しかも、超どシャロー。

ボートも入れない。

 

 

この『ファッツオー』をゆっくり引くだけで、立て続けにバスが釣れた。

 

 

そのポイントへ行くためには、先ず、

幹線道路沿いに建つ巨大な廃墟に入る。

 

次に、廃墟を抜けて、葦原に出る。

 

 

そこからポイントへ向けて、6〜7分、葦原の中を歩くのだが、

 

途中、

 

葦原を開拓して畑をつくり、

小屋を建て、

生活している人(裸族ではない)がいたのである。

 

 

ところが、この住人がかなりのくせ者で、やたらとキレるのだ。

 

 

そっと通り抜けようとしただけで、

 

なぜかこちらの気配を察知し、

 

「バカ野郎!勝手に人の土地に入るんじゃない!」

 

「ぶっ殺されたいのか!」

 

「不法侵入で通報するぞ!」

 

などと、大声で、ツッコミどころ満載のせりふを吐いてくる。

 

 

とは言え、

 

そのルート以外はあまりにも過激な藪漕ぎになってしまうし、

 

「住人に見つからないように通り抜ける」

というスリル満点の楽しみ方もあって、

 

いつもそこを通っていた。

 

 

いわゆる“当たりルアー”。なぜか、この個体だけは、よく釣れるのだ。

 

 

そんなある日、ついに事件が起きる。

悪友が(断じてぼくではない)、住人を挑発してしまったのだ。

 

 

意味不明な叫び声を上げながら、鉈(ナタ)を振りかざして追いかけてくる住人。

 

これはヤバいやつだ…。

 

逃げ道はなく、ぼくらは必然的に、葦の中に飛び込んだ。

 

 

ところが、背の高い密集した葦は、視界はおろか、方向感覚さえも奪ってしまう。

 

 

「どうせ、すぐに、岸か水際に出られるだろう…」

と思っていたのだが、一向に葦原から抜け出すことができない。

 

 

足もとは突然底なし沼のように沈むし、

どこからナタを持った住人が出てくるか分からない。

(これが本当の『プラトーン』だ…)

 

 

安定した釣果を期待できるのは1/3ozなのだが、これだけは別。

 

 

恐怖におびえながら、もう何十回と葦を掻き分けた…

 

その時、

 

目の前の葦が、

 

触れてもいないのに、

「バサッ」と左右に割れたのだ。

 

 

 

ほぼゼロ距離。

 

 

 

正直に話すが、ぼくはびびってオシッコをちびった…

 

 

同時に、

 

「あぁ…ナタを振り下ろされる…」

 

「終わった…」

 

と本気で思った。。

 

 

しかし、、衝撃に襲われることはなく、ぼくは生きていた。

 

 

葦の向こう側から現れたのは、

 

ナタを持って怒り狂う住人とは全く別の

 

全身が黒光りしている、

 

骨と皮ばかりの、

 

高齢の男性であった。

 

 

全裸の。

 

 

まさか、この広大な葦原の中に、

政府ですら未確認であろう、

別の人間が棲息しているとは…。

 

 

 

そう、これが、もう一つの裸族との出会いである。

 

 

否、出会いと呼ぶにはあまりにも短い、一瞬の出来事であった。

 

 

この全裸の男性、尋常じゃないほど、躍動感に溢れる…というか、動きにキレがあった。

 

 

左右に軽くステップを踏んだかと思うと、

 

転瞬の間に、

ゴキブリのような身のこなしで、

「カサカサッ」と葦の中に姿を消し、

それっきり現れることはなかった。

 

 

ぼくを敵だと思ったのだろうか?

 

 

びっくりしたのはこっちの方なんだけど…

 

 

ひょっとして、

 

 

残留日本兵?

 

 

最も“ルアーらしい”ルアーなのかもしれない。

 

 

人生でこれほど驚いた経験はない。

 

 

30年以上釣りをしてきて、

夜中のウシガエルよりも、怖いお兄さんに絡まれたことよりも、怪奇現象よりも、

ぼくにとっては、はるかに怖い出来事であった。

 

 

 

釣れ釣れ度■■■□□

ロスト度■■□□□

レア度■■■□□

「『戦争は終わったんだ』と伝えたい」度■■□□□