COOL/レッドテイル

“裸にライジャケ”を愛用している親友のイチロック

 

 

それには理由があり、

「ベトナム戦争時の米兵」

を意識しているのだ。

 

 

 

そういえば10代の頃、イチロックと二人で、

「ベトナム戦争を想定して」

印旛沼でバス釣りをしていたことがあった。

 

 

いつ攻撃されるか分からない、見えない敵への恐怖心を抱えながら、

暗闇の中、湿地帯を胸まで浸かって突き進んだ。

 

 

 

隣にいたイチロックが、何モノかに足を掴まれ、水中に引き込まれる…

など本気で恐いこともあったが、

とにかく幸せな時間だった。

 

 

こんなふうにバカなことをやっていたからこそ、

「密林でのゲリラ戦(バス釣りで言うところの藪こぎ+接近戦)」には、めっぽう強くなった。

 

 

 

そんな印旛沼で、とにかくよく釣れたポッパーがある。

 

 

それが、『レッドテイル』だ。

 

ウエイト/約8g

ブランク素材/カツラ

価格/2,600円〜

 

 

 

「クール」の代表・ビルダーである渡辺悟郎氏は、かの有名な「CRAZY LURE」の渡辺義弘氏を父にもつ。

 

 

血筋からして「クール」のルアーは紛うことなき実力派なのだが、

(あふれるインディーズブランドとの差別化を図ろとしたのか)

見た目が、“ややダサい”寄りのアバンギャルドであった。

 

 

そのため、「クール」を高く評価するのは玄人に留まり、

最期は投げ売りの対象になっていた。

 

 

「トップウォーターは着水後すぐにアクションを始めていい」と思っていたぼくの意識を180度変えたルアー。

 

 

アシ際などにキャストして、

1〜2分、じ〜っとさせている間のバイトが多い。

 

 

 

ある人は

「赤いテイルが、水中でゆらゆらして、バスを誘っているのだ」

と言っていたが、それは違う。

 

 

ジョイント部を支点に頭と尻尾を水面に出し、くの字になっているのだ。

 

 

この状態で、きっと人間には分からないくらい、微かに、へこへこと動いているのだろう。

 

 

 

もちろん、この『レッドテイル』は、普通にアクションさせてもいい。

 

 

極めてオーソドックスなポップ音、

ナチュラルな飛沫、

誰にでも簡単にできる首振り、、

手堅い釣果を約束してくれる。

 

 

 

 

 

釣れ釣れ度■■■□□

ロスト度■□□□□

レア度■■■□□

「プラトーン」度■■■□□