ザウルス/ギルラ

小さなルアーは、時として、大きなバスに大変有効である。

が、‘ギルラ’はこの限りではない(ように感じる)。

 

その名が示す通り、ギルにいい。

というか、ほとんどギルしか釣れない(たまに小バス)。

 

もっとも、‘ギルラ’をきちんと扱えるようなタックルでは、いいサイズのバスを獲ることはなかなかできない。

ロッドは張りがあってもなんとかなるけれど、ラインは…4lbでは太過ぎる。

 

細いライン(2lb程度)とトラウトロッドの組み合わせで、ちょこちょこ、くるくる、とよく動かせる。

(そう、お気づきの方もいらっしゃると思うが、管釣りだとけっこう強いルアー。)

意外と繊細な竿さばきを要するのでおもしろい。

 

しかし、残念ながら、ギルを釣るためにはそんなテクニックは必要ない。

ギルを見つけてそこに投げてやれば、着水と同時に、パシャっと出る(ことがある)。

 

いや、そういう時は、そもそも、別に、‘ギルラ’じゃなくてもいい。

 

マス針に小枝でもつけて投げてやればいい。

 

かわいいので、タックルボックスに入れておくと、目に入ったときに心和む。

そんなルアー。

 

釣れ釣れ度■□□□□

ロスト度■□□□□

レア度■■□□□

「山椒は小粒でもぴりりと辛くない」度■■■□□