剥製工房 フィッシュワールド/BEA-9

’85年から’86年頃にかけて作られていた、ワカサギの皮をそのまんま被せたルアー(オイカワもある)。

それなのにアルミ箔が貼ってあるのは、ワカサギはウロコと一緒にグアニンも簡単に取れてしまうから(らしい)。

 

それでも、「刻み」ではない本物の背のパターンは、ずうっと眺めていても飽きることがない。

ヒレだってついてる!

美しい。

だんだんと美味しそうにも思えてくる…。

けっこう投げたのでボディは凹んでいるし、アブラビレも短くなってしまったので、補強も兼ねてセルロースを吹いてきれいにした。

 

しかし、ルアーに魚皮を貼っては本末顛倒のような気がする。だって疑似餌じゃん。

 

いや、ぼくは好きなんですよ。魚から皮を剥がして張る…って、考えただけでもワクワクぞくぞくします。

 

しかし、ここは剥製屋さん。

魚の剥製をそのまんまルアーにすればいいんじゃない?と思うのだけれど、本物の魚の形って、ちゃんと泳がないらしい。

ネタとしては「剥製ルアー」のほうがずっとおもしろいのに…ちょっと残念。

 

でも、ルアーはルアーの形をしていなければならないということなのかな。

 

やっぱりルアーって偉大なんだ。

 

釣れ釣れ度■■□□□

ロスト度■■□□□

レア度■■■■□

「あなた、アイデンティティーを失っていませんか?」度■■□□□