Daiwa/SUPER ROBIN

幼い頃は、

「スーパー」「ウルトラ」…頭にそういう類のワードがつくだけで、

ありふれたものが、

とんでもなくハイスペックで、高級で、近未来的なものに変貌したものだ。

 

 

余談だが、つい最近まで、ぼくは、ディズニーランドのアトラクション「ビッグサンダー・マウンテン」を「ウルトラサンダー・マウンテン」だと思っていた。

 

 

ついでに、、「カリブの海賊」は「カリブの館(やかた)」だと思っていた…。

 

 

(これらの誤りを、指摘し、正してくれたのは親友のイチロックだ。)

 

 

閑話休題

 

 

ところが、いつの頃からか、そういう感覚は失われてしまった。

 

 

それどころか、「スーパー」だとか「ウルトラ」だとか必要以上に主張しているものを見ると、強烈にうさん臭く感じるようになった。

 

 

きっと、このルアーのせいである。

 

 

ダイワ『スーパーロビン』

 

 

’80年代中頃のルアー。

 

 

小学生の頃から所有しているのだが、その時点ですでに、オールド臭がぷんぷんと漂っていた。

 

 

全然、「近未来」ではない。

 

 

試しに投げてみると、

硬質発砲素材でできているはずなのに、

漂う木片感がすごい。

 

 

“ゴミ”という結論に至った。

 

 

即断だ。

 

 

(30年近く前の話)

 

 

「スーパー」とか言っておきながら、

スーパーなところが何一つない、

究極の「ロースペックルアー」である。

 

 

 

※見た目は好き。

 

 

 

釣れ釣れ度□□□□□

ロスト度■■□□□

レア度■■■□□

「仮面の貴公子ロビンマスク」度□□□□□