レーベル/ダブルディープウィR

 

リップを突き抜けたヒートンの先で何度も指を削られたことのある私は、

これを見たとき、

甚く感動した。

 

 

ヒートンの先っぽを覆う目的のためだけに

「リップの裏側に“ポッチ”を設ける」という、

レーベル社の(凡人には理解不能な)結論。

 

 

でも、この後にも“突き抜けタイプ”があったりして。。

 

 

時系列はちょっとよく分からないのだが…

突き抜けタイプ→ポッチタイプ→(リップの中心に)ピラータイプ→それでも突き抜ける…

みたいな変遷か。

 

 

 

一部ではコアなファンがいる“精度の高い”クランクベイトなのだが、、、

 

ぼくにとって、

このルアーの魅力は、

リップの裏側のポッチ“それだけ”であり、

同時に、

“それだけで十分”なのである。

 

 

なぜなら、癒されるから。

 

 

 

ちなみに、このカラー、

そう、、

カラーセレクター」だ。

 

 

 

釣れ釣れ度■■■□□

ロスト度■■■□□

レア度■■□□□

「ヒーリング・スポッ」度■■■□□