Megabass/ドッグX Jr. コアユ

昔、テーブルの上にあった“コアユ”を遠目で見た祖母が、本気で“煮干し”とか“めざし”の類だと思っていたなぁ。

 

 

初めて使ったのは、発売直後、房総のダム湖で。

 

足もとから1mもないような場所にあるごみ溜まりに落として、何と無くちょこちょこやっていたら、でかいバスがもんどり打って食ってきた。

 

結局、その日は、“コアユ”でブッシュや岸際を攻めて、コンスタントにバスをキャッチすることができた(小雨だったし!)。

 

フッキングはいまいちだったけれど、かなり小さいサイズの魚もバイトしてきたからだろう。

 

 

 

 

アクションは、「“POPX”とは全く違うタイプの、でも、ナチュラルの極み」だと自分なりに解釈しています。

 

“コアユ”のほうが、アピール力が強いくらいだとも思う。

 

そして、“コアユ”は、適当に動かしているだけでもバスを誘ってくれる。

 

そうだ。

これは、「適当に動かすだけで釣れる」トップウォータープラグ、No. 1かもしれない!

 

 

超高速でめちゃくちゃに引くと、それまでルアーに見向きもしなかった、とんでもないサイズの魚が釣れることがある(これ、管釣りでもぼくがよく使う手です…あまり他人に言わないでください…笑)。

 

ただ、この形状とサイズだと、どうしても波風やラインに負けることがある。

よく飛ぶけれど、逆に遠投すると、それは顕著。

 

でもね、“コアユ”のすごいところは、驚くほど多彩な動きを演出することができるところ。

 

だから、ある程度の状況は、アングラーの腕でカバーできてしまう。

 

 

トップウォーターの釣りだから、やっぱりコンディションには大きく左右されるけれど、釣れるルアーと言っていい。

 

 

ちなみに私、メガバス信奉者ではありませんが、メガバスのルアーは(全てとは言わないけれど)すご〜く「釣る力」があると思っています。

 

キモは、多分、動かすのが極めて簡単だから。

 

 

釣れ釣れ度■■■□□

ロスト度■□□□□

レア度■□□□□

「そうとう体に悪い出汁がとれそうだ…」度■■□□□