River2Sea/DRAGON FLY POP 70

なんでこんなの持ってるんだシリーズ その44

 

 

トンボが好きなのだ。

 

 

 

私的昆虫ランキングをざっと述べるなら、

 

まず、圧倒的にクワガタ、

 

そして、オオスズメバチ、タガメ、、

 

その次あたりに(カマキリと並んで)入ってくる。

 

 

 

昆虫界最速の飛翔速度に加え、

 

捕獲するのに“適度な困難性”をもっていること。

 

 

ヤンマのスケール感。

 

 

ヤゴのモビルアーマー的な格好よさ。

 

 

大人も子どもも、そんなところに魅せられるのだろう。

 

 

 

当然、トンボを模したルアーがあれば買ってしまう

 

 

…と言いたいところなのだが、トンボを模したルアーというのは非常に少ない。

 

 

トンボはそのプロポーション特徴が極めてルアーに向かない

 

 

そのため、

 

極端に壊れやすかったり

 

常軌を逸したスタイルになったり

 

…必然的に、いわゆる“キワモノ”になってしまうのだ。

 

 

 

ところが10年程前、そこへ切り込んできた強者がいた。

 

 

『ドラゴンフライ ポップ 70』である。

 

 

メーカーはそう…キワモノを扱わせたら世界一の「リバー2シー」。

 

 

さすが目の付け所が違う。

 

 

(えぇ、ぼくは歓喜しましたとも!)

 

 

 

バイト時の“乗り”を考慮するとかなり厳しい体裁をとっているが、普通によく泳ぐ。

 

 

翅が水面を叩き震えるアクションは他にない。

 

 

無論、けっこうな速さでこっちに来ちゃうので、あまりトンボっぽくはないのだが…笑

 

 

翅の造形が若干怪しいが、キワモノ感、B級感、ともに急上昇でGood。

 

 

テストを繰り返した結果の、このスタイリングなのだろう…きっと。

 

 

 

ネットで「スペアの翅が付属している」との情報を見つけたのだが、ぼくのには(新品で購入したのに)入ってなかった…⤵︎

 

 

 

ちなみに、バスはトンボを食べる。

 

 

飛んでいるトンボに喰いついているところを見たことはないが、

 

実際にダウンショットリグで餌にしてみたことがある。

 

 

ルアーに全く反応しない中、よく釣れた。

 

 

ただし、

 

翅をガツガツやってから食べるようで、

 

すこぶる喰い込みが悪く、

 

ずいぶんと待ってから合わせる必要がある。

 

 

まっ、やる人はいないだろうけど。。

 

 

 

釣れ釣れ度■■□□□

ロスト度■□□□□

レア度■■■□□

「ヒラメ四十、トンボ五十」度■■■■■

*