Heddon/8550 KING BASSER

カタログ初掲載は1937年。

 

 

ヘドン『キングバサー』

 

 

サーモンやストライパー(昔「ジョイバレー」という管釣りでよく釣った)、マスキー用ルアーの項に掲載されている。

 

 

 

正直、ここまで古いものになると、あまり興味がない。

 

 

ぼくにとっては、ルアーというより、朽木に近い。

 

 

状態の良い何本かは、知り合いに譲ってしまった。

 

 

 

この個体のようなペイントアイのものは、モデル末期のものだろう。

 

 

したがって、製造時期は、1950年代前半であると考える。

 

 

リアフックの前に打たれている鋲は、ポークリンドを装着するためのものらしい。

 

(ぼくは、「NATURALURE」のように、サメ皮、もしくはそれに近い何か、が付いていたのではないか…と睨んでいる)

 

 

 

魚が掛かるとボディからフックが外れるこのシステム、、

 

 

方々で絶賛されているのだが、

逆にバレそうな気がするのはぼくだけだろうか。。

 

 

何度か投げたけれど、釣れなかったので、分からない。

 

 

 

使おうと思えば使えなくもない『キングバサー』だが、

あくまでも立ち位置は、骨董、ヴィンテージ。

 

 

そのため、それほど人気はない。

 

 

数千円〜、高いものでも一万数千円程度。

 

 

 

釣れ釣れ度ー

ロスト度■■□□□

レア度■■■■■

「外に置いといたらクワガタが産卵しにくるんじゃないかな」度■■■■□

*