「やっぱり、クロコだな!」WHITE SMOKY/美濃の蝮

以前入っていた草野球チームに蝶野正洋をちっちゃくしたようなイカツイ後輩がいて、

日頃から世話になっていたものだから、

誕生日に何かプレゼントすることにした。

 

 

そこで、

「欲しいものはないか?」

とたずねると、

「セカンドバッグが欲しいです」

と言う。

 

 

セ…セカンドバッグ…?

 

 

当時その後輩は、まだ、10代。

 

 

うむ、、

さすがイカツイだけのことはある。

 

 

数日後、専門店を訪れたぼくは、

最終的に、

オーストリッチとクロコダイル、

ふたつの素材で迷うこととなる。

 

 

オーストリッチの方が10万円くらい安くて、そっちに決めかけていたのだが、

念のため、近くにいた、

さぞかし名のある親分さんに違いないであろう人に、

「これこれこういうわけで…どっちがいいですかねぇ」

と話しかけてみた。

 

 

すると、

その親分さんに違いないであろう人は、

なんと、誰かに(多分、子分)電話までして聞いてくれて、

「若い兄ちゃんだったら、やっぱりクロコだな!

と教えてくれたのだ。

 

 

感激。

 

 

そうして、ぼくは、無事にクロコダイル(型押しではなく本革)のセカンドバッグをプレゼントすることができたのである。

 

もちろん後輩はとても喜んでくれた。

 

 

しばらくしてから使い心地をたずねると、、

「ありがとうございます!めちゃくちゃ格好いいですよ!」

あれで学校行ってます!

と。。

 

 

クロコのセカンドバッグで通学…

 

 

バカ 粋だ。

 

 

ホワイトスモーキー『美濃の蝮』

 

 

 

皮は皮だが、もちろんワニ革ではない。

 

ヘビ(本当にマムシの皮なのだろうか?)。

 

 

 

ヘビの皮を張ったルアーは、大抵、“秘密にしたいくらい”よく釣れるのものだが、

このルアーはあまり釣れない。

 

 

簡単に首を振るし、水をよくとらえるのに…

不思議なものである。

 

 

処理がきれいすぎるのかなぁ。

 

 

学生の頃、風来堂で購入。

 

 

 

釣れ釣れ度 ■■□□□

ロスト度■□□□□

レア度■■■□□

「トラの皮を張った『尾張の虎』というルアーも作って欲しいぞ」度■■■■□

*