TIEMCO ノトス/マッドペッパーマグナム

これも深く潜る。

 

 

最新のクランクやガレージメーカーのクランクはあまり使ったことがないけれど、

 

『マッドペッパーマグナム』こそ、

 

ディープクランクの最高傑作であり、

 

“heritage”なのだ。

 

 

 

出会いは中学生の頃。

 

 

この頃の印旛沼は、すでに、

「ディープクランクを適当に巻いていれば釣れる」

という状況ではなかったけれど、

ぼくらのボックスには、必ず、『マッドペッパーマグナム』が入っていた。

 

 

陸っぱりしかしないのに…笑

 

 

でも、陸っぱりであっても、ハードボトムを小突いているとかなりの確率で釣れた。

 

 

何より、

 

(釣れなくても)

 

『マッドペッパーマグナム』を投げながら、

 

「林圭一って人がね…」

 

「イマエって人がね…」

 

と仲間うちで話しているのが最高に楽しかった。

 

 

全ての面で平均点を大きく上回るパフォーマンスは、

トーナメントシーンでの圧倒的な釣果が物語っている。

 

 

まさに、ルアー界の「メルセデス・ベンツ」なのである。

 

 

 

ぼくは、おじさんになった今でも、

『マッドペッパーマグナム』を眺めていると、

胸がキュンとする。

 

 

懐かしくて、幸せで、どこかさびしい、、

不思議な感情に包まれるのだ。

 

 

このルアーは、

 

“甘酸っぱい青春の思い出”

 

そのものである。。

 

 

だから、

もう全く使わないし、コレクタブルでもないけれど、

ずっと大切にしている。

 

 

 

釣れ釣れ度■■■□□

ロスト度■■□□□

レア度■□□□□

「それでもベクトロンが好き」度■■■■■