スミス Hutley’s/ハッピー・モール

これまで3回に渡ってお届けした連載「H氏から譲っていただいたハトリーズ」。

 

 

 

最終回の今日は、スーパーストライクシリーズの『ハッピー・モール』。

 

 

いや、もう、、

本当に、

惚れ惚れするプロポーションである。

 

 

 

スーパーストライクシリーズがデビューしたのは’84年。

 

その後わずか5年の販売期間であったが、ちょうどぼくが釣りを始めた時期と重なる。

 

そんなわけで、ぼくにとっては、今なお、鮮烈な輝きを放ち続けているルアーなのである。

 

 

ところで、

「ウッド(バルサ)製のルアーは水によく絡む」

と言う人がいる。

 

 

「プラは、ウッドやバルサには勝てない」

とか。

 

 

“アルキメデスの原理”を根底から覆す、衝撃的な理論…否、都市伝説である。

 

(もちろん、バランスやサウンドは重要なファクターだけれど、、)

 

「バサー7不思議」に認定したい。

 

 

とはいえ、趣味なんて、総じて、興味のない人にとっては馬鹿げたものである。

 

 

そして、趣味嗜好について、(法を犯していない限り)他人がとやかく言うものではない。

 

 

だから、「水によく絡む」って言うのなら、それでいい

 

 

ウッド至上主義ではないけれど、

ぼくも、

釣りをセンス(感覚)で語るのは嫌いじゃない。

 

 

 

そんなわけで、『ハッピー・モール』について。

 

 

水によく絡む、ウッド製のルアー。

 

 

バスの居場所がはっきりしている場合、

その強さは抜きん出ている。

 

 

水をしっかりと押しながらも、

軽やかに首を振り、

控えめな音と飛沫で誘う。

 

 

自身のプロポーションをこれだけを活かしているルアーも珍しいだろう。

 

 

実力がともなった、最高にセクシーなモグラ女子ルアーだ。

 

(バスは、本当に、水に落ちたモグラを襲う。)

 

 

 

釣れ釣れ度■■■□□

ロスト度■□□□□

レア度■■■□□

「モデル×グラビア」度■■■□□