ダイワ/バスハンター

小中学生の頃、これと「ハスティー」を持って、印旛沼周辺によく行った。

(「ハスティー2」は本当によく釣れた。)

 

 

『バスハンター』

 

 

1982年、SRとDRの2モデルでデビュー(ディープランナーの方は、ちょっと細身)。

 

 

その後、新色と、SP(サスペンド)・M(ミラクルシャイン)・BN(ボーン)の追加を経て、

’90年代の初めに「Bass Hunter Ⅱ」にモデルチェンジすることとなる。

 

 

 

BN(ボーン)

 

一時期は法外な値段で取引されていた〈キング オブ トイルアー〉だ。

 

 

この“チープさ”は、駄菓子屋で売ってそうな雰囲気。

 

 

 

 

初期のバスカラー

 

バス釣り歴が長い人なら、「バスハンター」を持ってない人はいないんじゃないかなぁ。。

 

 

 

 

チャート系のボロボロのは、いつもボックスに入れていて、よく投げていた。

 

 

初めて見たときに

(人体模型プラモデルだ…)

と思ったことははっきりと覚えているのだが、釣れた記憶はない。

 

 

当時は、やっぱり、ミラクルシャインに惹かれたし(実際、周囲の所有率はかなり高かった)、

しばらくすると、クローム系カラーが圧倒的に釣れるような気がして、そればかり買っていた。

 

 

Metallic Bass Hunter Ⅱ DR

 

 

 

BNは、仲間うちでも人気がなく、果たして、短命に終わった。

 

 

ところが、無くなると欲しがる“グロテスク趣味”の人が多くて…

 

 

 

釣れ釣れ度■■□□□(SR)・■■■□□(DR)

ロスト度■■■□□

レア度■■■□□

「フグの骨酒」度■■□□□