ナツメ社/ザ・ミノー・メイキング

前回、ハンドメイドミノーのことを書いていたら思い出したこの本(久しぶりに手にしたのだけれど、製作意欲に火がつきそうだ…)。

 

もはや説明不要。こんな執筆陣が集まることは、もう二度とないのだろう。

 

これを読めば誰だってそれなりのものが作れちゃう…っていう、すごい本。

アマチュアはもちろんのこと、プロのビルダーでさえもバイブルにしているらしい。

この本は昭和60年1月発行なのだけれど、ぼくが手にしたのはそのずい分後のこと。

見よう見まねで拙いルアーを作っていた頃、それを知ったS先輩から戴いた。

 

肝心のルアー作りのほうは…やっぱり難しかったな。

もともと器用なほうだし、かっこうよくは作れるのだけれど、まともに泳がなかったり、着色がうまくいかなかったり。

何より、膨大な手間と時間と、なんだかんだで投資が必要。

本格的にハンドメイドルアー作りに挑戦したことのある人なら分かるだろうけれど、世の中のリアル系のハンドメイドルアーは決して高くないと思う。

 

結局、大して換気もしていない部屋でセルロースを使い続けていたら顔がぴくぴくするようになってきて、それが怖くてやめてしまった。

 

でもこの本だけは、一生、大切に手元に置いておきたい。

 

釣れ釣れ度ー

ロスト度ー

レア度?

「S先輩、元気かな」度■■■□□