「ノーベル平和賞」CORDELL/THE PREZ

1970年代の終わりから1980年頃にかけてのルアー。

 

 

コーデル『プレズ』

 

 

 

多分、製造年については、確か。

 

 

第39代アメリカ合衆国大統領ジミー・カーターの任期が、

1977年1月20日 – 1981年1月20日

であるから。

 

 

 

問題は、ネット上でも錯綜している、このルアーの出自についてだ。

 

 

まず押さえておきたいのが、ジミー・カーターは、

ピーナッツの栽培で大成功を収めている

ということ。

 

 

それを踏まえた上で…

 

 

最初の説が、

カーター大統領がとあるピーナッツ農場を訪れたことを記念して作られた」

というもの。

 

 

う〜ん、、

 

カーター大統領は、すでに大ピーナッツ農場主であったわけで、、

 

視察だろうか。

 

 

しかし、大統領自ら、技術・経営指導を行うとは考え難い。

 

 

どうもこれは怪しい。

 

 

次に、

カーター大統領がコットンコーデル社を訪れた記念に作られた」

という説。

 

 

タイミング的には『Big-O』絡みだと考えられるが、

アーカンソー州のいち釣具メーカーを合衆国大統領が訪れるだろうか。

 

 

まぁ、かのコットンコーデルだし、、あり得なくもないか。。

 

 

 

最後に、

「ジョージアのピーナッツ農家であるジミー・カーターが大統領になったことを記念して作られた」

という説。

 

いわゆる“記念コイン”的なもの。

 

 

昔からコーデルは「機を見るに敏」を地でいくようなメーカーだ。

 

 

アメリカのバス釣り文化を鑑みても、

新しい大統領の誕生に合わせ、どこかのメーカーが“それに因んだルアー”をリリースしてくること

に、なんら違和感はない。

 

むしろ当然だろう。

 

 

したがって、私は、この説が最も有力であると考えている。

 

 

 

それにしても、このルアーから若干の悪意を感じるのは私だけだろうか。

 

 

そのまんまピーナッツに「PREZ(大統領)」って…

 

あまりにもストレートだ。笑

 

 

リップのへんてこなパターンも、

ジミー・カーターの特徴的な口元、すなわち「歯」

を模しているのである。

 

 

まっ、風刺というか、

カーター大統領がそれだけ多くの人に愛されていた”

ということの裏返しであろう。

 

 

なんだか、『プレズ』とジミーのことが、ますます好きなってしまった。

 

 

 

釣れ釣れ度ー

ロスト度■■□□□

レア度■■■■□

「『アベノマスク』というマスク型フラットサイドクランク」度■□□□□

*