Megabass/POPX

以下、ぼくの“感覚”です。

 

 

「ウォーターダクト」の効果は眉唾だが、それによって、カップの中の水流が複雑に絡み合っていることは確かだろう。

 

 

その恩恵が、一瞬の間(ま)だ。

 

 

一瞬の間を置いて、サイドに水を流すことができる。

 

 

この間がものすごく大事で、水を意識的にカップの中にためることができるのだ。

 

 

そうすることによって、サイドに流れつつある水を同時に上唇で叩くことができる。

 

叩いて(押して)、30〜70mm程度前方に飛ばす。

 

 

前方に飛ばす水は、スプラッシュというより、になっていた方がよい。

 

量は、ワンアクションで0〜1㎖。

これだけで十分だ。

 

 

〈以上、記録として残す〉

 

 

 

(何を言ってるんだこいつは…)

と思われるかもしれませんが、こういう釣り方・使い方ができるルアーって「ポップX」だけだと思いませんか?

 

 

ぼくはこうやって(こんなイメージで)、ずっと、釣ってきました。

 

 

 

ちなみに、「SG(スーパーゴースト)」とか「ファントム」系のカラーよりも、「GG(グアニウムゴースト)」系のカラーの方が釣れ方に安定感がある。

 

 

でも、不思議なもので、、

 

よく見ていただくと分かるように、

同じ年の、全く同じ「GGシャッド」カラーなのに、ひとつはよく釣れて、もうひとつは全然釣れない。

 

気のせいじゃないんだよなぁ。。

 

まっ、『ルアーあるある』ですね(笑)。

 

 

 

とにかく、

 

「ポップX」は、

 

クセがなくて無難です。

 

 

だから、

 

使い方さえ間違えなければ

 

“最強”です。

 

 

 

釣れ釣れ度■■■■■

ロスト度■□□□□

レア度■□□□□

「『ナイキ エアフォース1』くらいマスト」度■■■■□