「トーキョー ファッションフェスタ」TOPBRIDGE/Swizzle Stick

数年前、知り合いの業界人(釣りの)を訪ねた。

 

 

いろいろと話は盛り上がったのだが、

なんでも、

「今、『トップブリッジ』が、とんでもないことになっている」

という。

 

 

「とにかく格好いい」

 

「とにかく買えない」

 

のだという。

 

 

そして、

「後日開催される釣りのイベントで、トップブリッジのルアーが抽選販売される」

とのこと…

 

 

近所だし、これは行くしかない。

 

 

当日、、

会場はオシャレさんたちであふれていた。

 

 

無造作ヘアを皮脂でナチュラルに濡れ髪アレンジ。

 

武田鉄矢風のロン毛で魅せるミドルも多い。

 

 

みんなプリントTシャツがキマッてる。

 

中には、難易度ちょい高めのヘドンTシャツで、夏のオシャレひとりじめ君も。

 

 

サイズはボディラインを強調したタイトめをチョイス。

(というか、相変わらず、バサーはデブが多い…)

 

ムチムチの下っ腹がタフなマインドを主張。

 

汗で濡れた生地の透け感もセクシーである。

 

 

色落ちを育てるためほとんど洗濯しないのは高度なオシャレ術だ。

 

すえた臭いに、同性でも思わず振り向いてしまう。

 

 

たいていの人は、ダボダボのはんぱ丈パンツでアクティブ派を演出。

 

 

合わせるのは、大型のヒップバッグか斜めがけカバン。

 

オシャレ上級者のセンスが光る。

 

 

腰には携帯灰皿とチェーンをコーディネート。

 

小物使いにも隙がない。

 

喫煙は、バサーが導いた時代のムーブメントだ。

 

 

バンダナ率、スポーツサングラス率、も高い。

 

スマートに決まって、実用性も◎

 

 

釣り系ブランドのキャップがゴキゲン。

 

あえて被らずに、バッグからぶら下げるのが正しいルール。

 

 

足元はクロックスのサンダルでハズしのテクニック。

 

 

最近のバサーのオシャレレベルはかなり高い。

 

 

「バサー=ファッショニスタ」で間違いないだろう。

 

 

 

しかし、何よりも衝撃的だったのは、

この日イベントを訪れた人たちのほとんどが、トップブリッジの抽選販売を目当てにしていたことである。

 

 

どうりで、鋭い目つきのクールガイが多いわけだ。

 

 

結局、

ぼくはぼくで楽しんだし、

普通に疲れたので、

抽選販売が始まる前に会場を後にした。

 

 

(会場には、ごく僅かだが、普通の人もいたことを付け加えておく。総じて、抽選販売には消極的であった。)

 

 

 

 

さて、トップブリッジのルアーも最初から人気があったわけではない。

 

 

初期はちょろちょろと店頭で見かけたものである。

 

 

この『スウィズルスティック』が発売された頃が、

良心的な店で普通に買えた

最後か。

 

 

 

現在の状況では手に入れても使う人は少なそうだが、

トップブリッジがここまで人気になった理由は、「釣れるから」に他ならない。

 

まず、土台としてそれがある。

 

 

すなわち、ちゃんと動く。

バドジョイ どこかのルアーとは大違いだ)

 

 

つまるところ、新奇なスタイリングを纏った、超正統派なのである。

 

 

そして、

確かに、

ものすご〜く格好いい。

 

 

そういえば、あの日も、デザートカモのダボダボパンツが数人いた。

 

トップブリッジファンにとっては、「E.YAZAWA」タオル的なものなのだろう。。

 

 

 

釣れ釣れ度■■■□□

ロスト度■□□□□

レア度■■■■■

「ハジケる夏気分!オシャレバサーの競演に完売御礼!」度■■■■■

*