DAIWA/STEEZ POPPER FROG Jr.

でも、もっといいのがある。

 

 

ダイワスティーズポッパーフロッグ Jr.』だ。

 

 

 

結局、フロッグを投げるのは、カバーとオープンウォーターとが水面または水面下で入り交じったポイントである。

 

そこで…つまりカバーの際やポケットで、強く、ナチュラルに、アピールしたい。

 

 

極端な話、ぼくは、完全なオープンウォーターでも(プラグを引くのが困難なエリアでは)フロッグを投げる。

 

 

こうなると、もう、『スティーズポッパーフロッグ Jr.』の独壇場である。

 

 

高い運動性能に加え、ポッパーの要素は大きい。

 

素材の恩恵か、サウンドも極めてナチュラル。

 

意外と効くのが、カップでの水押し。

6〜7cm、直線的に、ただ「スッ、スーッ」と引くだけ。

バイトはここに集中する。

 

(「ポップX」を彷彿とさせる。)

 

 

好みが分かれるところだが、細身のシルエットは、フッキングのよさに一役買っている。

 

 

プラスして、重要なのが、お腹のカラー。

 

このサイズ・シルエットで「ボワッ」としていたら、セレクティブなバスも躊躇なく喰ってくる。

 

 

まっ、間違いなく、バスは、このルアーをカエルだとは認識していないだろう。笑

 

 

 

とにかく、、

ダイワ『スティーズポッパーフロッグ Jr.』があれば、

 

 

“誰も獲ることができなかった魚”を手中に収めたも同然だ。

 

 

 

釣れ釣れ度■■■□□

ロスト度■□□□□

レア度■□□□□

「スイカの生産量(2017):第1位 熊本県、第2位 千葉県、第3位 山形県」度■■■■■

*