「だいたんな使い方」 ABU/HI・LO

カラーリングが…小学生の図工の作品みたい…。

これはアブ・ガルシア社になってからの台湾製。

 

古いものは美しいのでご心配なく。

 

この“ハイ・ロー”を語る上で欠かせないのが文豪、開高健。

…みたいになっちゃってますが、ぼくは割愛させていただきます(笑)。

 

 

こういう“ギミックもの”って、釣り場では扱い難いことこの上ない。

 

釣れないときに限って、「あーでもない。こーでもない。」と、さらにアングラーを迷子にさせてくれる。

 

しかし、実は私、手に入れてからしばらくの間、リップが動くことを知りませんでした。

お恥ずかしい…。

 

もちろん、ルアーを手にしたとき、(動かせそうだな?)とは思いましたよ。

 

でも…、めちゃくちゃ固くてびくともしなかったんです…。

 

ところが!

 

キャストしたときに軽くぶつけてから、リップがよく動くようになった(笑)。

 

その後、彼は数回泳いだ後、何年も、ボックスの中でじっとされていました…。

 

えぇ。全然、使わなかったんです。

だって、このルアーからは、「バス釣り」の匂いが全くしないんだもの。

 

もっとも、アブのルアーってトラウトとかサーモンのイメージが強いし、これもパイク用らしいから仕方がない。

 

にしても、よくこんな動きの悪いルアーに食ってくるな…パイクって…。

 

釣れ釣れ度■□□□□

ロスト度■■□□□

レア度■■□□□

「調子が悪いときは蹴ると一発でなおる」度■□□□□

*