風来堂/オリジナル ダブルスイッシャー

昨日の「ゾワゾワ」については、早速、数名の方からレスポンスをいただいた。

 

 

「気もち悪い…」と。

 

 

うむ。。自分でもそう思う。

 

 

でも本当なのだからしかたがない。

 

 

感性に訴えてくるというか…

 

 

感覚的なものなので言葉で説明することはできないのだけれど…

 

 

まっ、撫でてみれば絶対に分かる(人はいるはず)。笑

 

 

 

一方で、このルアーは、いくら触っても、全然ゾワゾワしない。

 

 

風来堂『オリジナル ダブルスイッシャー』

 

 

ポイズンワイフの箱に貼ってあった紙に「風来堂」が載っていて、、

 

懐かしくなって。。

 

 

で、ゾワゾワしなくたって、すこぶる格好いいし、大好きなのだ。

 

 

ダイイングフラッターのラージサイズ」と謳われていたけれど、そっくりなのは形だけ。

 

 

ダイイングフラッター特有の“パキパキした感じ”がない。

 

 

だって、ダイイングフラッターは、“パキパキした感じ”を活かして釣るルアーでしょ?

 

 

よって、全くの別物。

 

 

(そりゃ、素材が違うもん…)

 

 

なおかつ、ダイイングフラッターよりも、使い手に従順。

 

 

どっしりとした使用感で、多少雑にアクションを加えても大丈夫。

 

 

 

2000年代に入って間もなく、品川店で購入。

 

 

さすがは風来堂のオリジナルで、

 

フックの数や取り付け位置、使用されている金属パーツ、などさまざまなパターンがあって。。

 

 

そのときの気分や直感で組んでいたんじゃないのかなぁ。。

 

 

そこがいいのだ

 

 

〈20年間ずうっと一軍帯同を続けている〉という、何気にすごいルアー。

 

 

 

フロントに糸がらみ防止のワイヤーを付けたり、

 

ペラの穴をドリルで広げたり、、

 

と(本来のセッティングを変えないようにしながら)自分好みにいじっている。

 

 

このルアーを購入してから数年後、風来堂は忽然と姿を消すこととなる。。

 

 

 

釣れ釣れ度■■□□□

ロスト度■□□□□

レア度■■■■□

「渡米かな? 野沢直子も突然渡米したし」度■□□□□

*