チンピラルアー/クローラーベイト

「Eight One LURE」のペンシルベイトと同じニオイがするこちらのノイジー…

 

 

「チンピラルアー」だ。

 

(正式名称は不明)

 

 

以前、インディーズ系トップウォータープラグに強い中古ショップで、大体2,000円で購入した。

 

「2006」と読める。

 

 

このブランドがすごいのは、最近まで活動を続けていた(続けている?)ということ。

 

 

ずっと同じ路線で。

 

 

これはもう、“恥ずかしい”を通り越して、尊敬に値する。

 

 

この絵、うまいのかどうか、、ちょっとぼくにはよく分からないのだが、

 

近年は、心なしか、絵のタッチが萌え系にシフトしていたように思う。

 

 

個人的には、とても残念。

 

 

ぼくは劇画が好きなのだ。

 

(いや、、そもそも買う気はないのだけれど…)

 

 

 

「クレイジークローラー」のリペイントだろうから、“釣れない”ということは、まず、ないはず。

 

 

「ないはず」というのは、投げたことがないので。。

 

バランス等の変容も未確認。

 

悪しからず。

 

 

だって、もし、こんなの投げているところを見られてしまったら…

 

最悪だ…

 

 

ぼくは至ってまともな人間なので、所有していることも、一切、他人に明かしたことがない。

 

 

だから今回が初公開。

 

(そんな大したものでもないけれど…笑)

 

 

 

終わりのない己との戦いに打ち勝ち、今のところ一度もシールをはがしていない。

 

 

ただ、自然に、ズレた。。

 

 

 

釣れ釣れ度ー

ロスト度■□□□□

レア度■■■■■

「『春画』の収集家も、きっと、こんな気もち」度■■■■□

*